ここから本文です

〔米株式〕NYダウ続伸、ナスダック史上最高値更新(12日午前)

11月13日(水)0時40分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク株式相場は、トランプ米大統領の通商・経済政策に関する講演を前に、続伸している。午前10時10分現在、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比45.27ドル高の2万7736.76ドルとなった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は3営業日ぶりに取引時間中の史上最高値を更新。同時刻現在は31.46ポイント高の8495.74。
 トランプ米大統領はこの日、ニューヨークで講演する。安全保障を理由とした自動車・同部品の輸入制限措置について、追加関税などの是非を判断する期限をさらに6カ月延長する可能性が報じられており、米欧貿易摩擦の緩和期待が浮上。買いが先行しているもようだ。米中で見解の相違が明らかになっている貿易協議の進展に関する発言も注目されている。
 また、ダウが連日で更新する中で追随買いも入りやすく、下値も堅い。
 個別銘柄では、マイクロン・テクノロジーやエヌビディアなどの半導体関連銘柄が買われている。タイソン・フーズが上昇。8~10月期決算が1株当たり利益、売上高がともに市場予想を下回ったものの、楽観的な業績見通しを示したことが好感されたもようだ。新ストリーミング・サービスをこの日開始したウォルト・ディズニーも堅調に推移している。(了)

最終更新:11月13日(水)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン