ここから本文です

先物主導ながらも抵抗として意識されつつあった23500円をクリア【クロージング】

11月12日(火)16時14分配信 フィスコ

現在値
鹿島 1,422 -27
アステラ薬 1,890.5 -26
エーザイ 8,245 -178
大塚HLD 4,882 -71
アドテスト 6,060 -260
12日の日経平均は反発。188.17円高の23520.01円(出来高概算12億5000万株)で取引を終えた。終値での23500円回復は昨年10月以来となる。米中交渉の行方や香港のデモによる経済への影響が警戒される中、朝方は小動きでの推移が続いた。しかし、米アップルの最高値更新を背景に値がさハイテク株がしっかりだったほか、ファーストリテ<9983>が強く、225型のインデックス買いが断続的に流入する格好から、底堅さが意識された。さらに、大引けにかけてはこのインデックス買いが集中しており、上げ幅を広げる展開となっている。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは決算を受けて鹿島<1812>が強い動きをみせるなど、建設が上昇率トップ。その他、石油石炭、証券、パルプ紙、小売、海運、金属製品がしっかり。一方で、ゴム製品、非鉄金属、電力ガス、倉庫運輸、水産農林が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテのほか、ファミリーマート<8028>、アドバンテスト<6857>、日東電<6988>、大塚HD<4578>、東エレク<8035>がけん引。一方で、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、アステラス製薬<4503>、ブリヂストン<5108>が冴えない。

日経平均は後場に入り上げ幅を広げており、終値で23500円を回復してきた。高値もち合いが続く中で23500円処での抵抗が意識されていただけに、先物主導のインデックス買いの影響とは言え、センチメントを明るくさせよう。また、物色もグロースからバリュー株への波及が見られてきている。需給状況が良好な銘柄へはショートカバーが急がれる状況にもなりやすく、米中交渉など不透明感があるものの、上へのトレンドが出やすいところであろう。

また、日経平均の上昇により円相場も1ドル109円20銭台と朝方からは円安に振れて推移している。米長期金利の上昇のほか、金価格が足元で下落基調にあるなど、安全資産からの資金シフトが意識されてきており、相対的に出遅れ感のある日本株を見直す流れは続きそうである。これまでの上昇で過熱警戒感も意識されているが、警戒感の中での上昇であり、ロングポジションは積み上がらず、良好な需給状況が続きそうである。


《CN》
株式会社フィスコ

最終更新:11月12日(火)16時15分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン