ここから本文です

ブレインPが買い気配、7-9月期(1Q)経常は50%増益、対上期計画63%進捗

11月11日(月)9時02分配信 株探ニュース

ブレインP <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
ブレインP <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
エイジア 1,445 -41
オプトHD 1,592 +9
Bパッド 6,160 +50
豆蔵HLD 1,533 +3
アルベルト 8,610 -50
 ブレインパッド <3655> が買い気配でスタート。8日大引け後に発表した20年6月期第1四半期(7-9月)の連結経常利益が前年同期比49.5%増の3.2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。

 主力のアナリティクス事業で案件の大型化・長期化が進み、利益率が向上したほか、ソリューション事業ではソフトウェアのライセンス販売やデータ分析環境構築案件などが好調だった。人員採用が進捗せず、採用関連費用が想定を下回ったことも大幅増益の要因となった。上期計画の5.1億円に対する進捗率は62.7%に達しており、好決算を評価する買いが向かった。

株探ニュース(minkabu PRESS)

ブレインPとよく比較される銘柄:ALBERT <3906> 、エイジア <2352> 、ダブスタ <3925> 、豆蔵HD <3756> 、オプトHD <2389>

最終更新:11月11日(月)9時02分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン