ここから本文です

<特集>5G関連、一段と注目度アップ(3)=電気興―基地局関連での活躍に期待

10月27日(日)8時06分配信 モーニングスター

現在値
電気興 3,395 +70
 電気興業 <6706> をマークしたい。同社は、携帯電話を中心とした各種移動通信のインフラ整備を手掛ける。移動通信は「基地局」と呼ばれる中継設備を介するが、5Gでは高速通信を実現するため高周波帯の電波を使用する。高周波帯は電波の直進性が高くなることから、障害物に弱いという弱点があり、快適な運用のためには基地局の増加が見込まれる。製造から設置までを一貫して手掛ける同社の強みが発揮され、活躍が期待される。また、同社では、防災情報ネットワークの構築も手掛ける。高所から光学・遠赤外線の2つの眼で昼夜、天候を問わず監視が可能な「高所監視カメラ」や防災情報ネットワークシステムも提供している。身の回りの安全・安心に対する関心が高まるなか、同社の活躍する場面も増えそうだ。

 株価は、10月16日に年初来高値となる3575円を付けた後、足元では利益確定売りに押される展開となっている。PBRは1.0倍台にあり、解散価値とされる1.0倍をやや上回る程度で、割高感はない。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月27日(日)8時06分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン