ここから本文です

前場コメント No.6  レントラックス、楽天、コメダ、コロプラ、スクエニHD、大塚商、浜井産など

10月23日(水)11時32分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
コメダHD 2,105 -5
コロプラ 1,236 -26
楽天 939 +14
大塚商会 4,680 -65
レントラク 468 ---
★9:39  レントラックス-続伸 9月連結売上高25%減も前月から改善
 レントラックス<6045>が続伸。同社は21日に、9月の連結ベースの売上高は8億4100万円、前年同月比25.1%減だったと発表した。なお、8月の売上高は7億7700万円(同30.2%減)だった。また、成果報酬型広告サービス事業におけるパートナーサイト運営者数は3万0712名で、前月比256名の増加となった。

★9:45  楽天-急落 楽天携帯「つながらない」相談相次ぐ 総務省聴取へ 読売報道
 楽天<4755>が急落。22日付の読売新聞朝刊は、同社が10月から始めた携帯電話サービスで、通信がつながらないトラブルが相次いでいることが21日、わかったと報じている。

 記事によれば、総務省は事態を重くみて、近く同社側に事業を聴く方針を固めたとしている。
 

★9:45  コメダHD-みずほが目標株価引き上げ 20/2期下期も増益基調が続くとみる
 コメダホールディングス<3543>が続伸。みずほ証券では、20/2期下期も増益基調が続くと判断。投資判断「買い」を継続、目標株価を2100円→2200円と引き上げた。

 みずほでは、20/2期上期決算発表後の会社訪問を踏まえ業績予想を小幅に修正した。中期経営計画で目標に掲げる21/2期末1,000店舗体制の構築は困難との見方に変更はないものの、20/2期下期は上期比で出店数が増加・閉店数が減少する見通しである点はポジティブと考えている。10月以降の消費環境に不透明感はあるものの、単なる飲食ではなく、「くつろげる場」を提供する強みは継続すると考えている。

★9:47  コロプラ-急騰 「ドラクエウォーク」セルラン1位返り咲きを好感か
 コロプラ<3668>が急騰。同社がスクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>傘下のスクウェア・エニックスと共同開発した「ドラゴンクエストウォーク」が、AppStoreのゲーム総合のトップセールスランキング(23日9時時点)で前日の2位から1位に返り咲いた。これが好感され買いが入っているもよう。

★9:49  大塚商会-みずほが目標株価引き上げ 高まる20/12期増益ガイダンスの蓋然性
 大塚商会<4768>が上げ幅拡大。みずほ証券では、高まる20/12期増益ガイダンスの蓋然性を強調。投資判断「買い」を継続、目標株価を5650円→5850円と引き上げた。

 みずほでは、株式市場では20/12期業績に対して依然としてPC更新特需の反動減懸念が根強いが、反動減は恐れるに足りず、むしろ20/12期以降の成長を積極評価する局面と考えている。8月の19/12期2Q決算説明会で「来期も増収増益を目指す体制を作る」「PC特需が終われば成長が止まるような会社ではない」と大塚社長が言及した点に注目。2カ月強を経て、PCを含むITハードの市場環境と大塚商会の営業現場の取り組みという個社要因の両面から、「20/12期増益ガイダンス」の蓋然性は高まっており、コンセンサスと乖離しやすい状況とみずほでは考えている。

★9:54  浜井産業-急騰 半導体関連の出遅れ株として物色むかう
 浜井産業<6131>が急騰。半導体関連の上昇が目立つなか、まだ出遅れている小型株への物色が活発になっているようだ。半導体など電子部品材料の研磨機が主軸の同社や、プリント基板製造装置大手の石井表記<6336>などに買いが向かっているもよう。栄電子<7567>は9時53分時点でストップ高買い気配となっている。
東野

最終更新:10月23日(水)11時32分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン