ここから本文です

東京為替:ドル・円は108円台前半で推移、中国株安をわずかに意識か

10月23日(水)14時03分配信 フィスコ

23日午後の東京市場でドル・円は108円30銭台で推移。日経平均株価は小幅高で推移しているが、中国本土株式は弱含みとなっており、リスク選好的なドル買い・円売りが拡大する兆しは出ていないようだ。ここまでのドル・円は108円25銭から108円54銭で推移。ユーロ・ドルは、1.1116ドルから1.1131ドル、ユーロ・円は120円39銭から120円78銭で推移している。

■今後のポイント
・米国と中国は重大な第一段階の合意到達
・米10月追加利下げの可能性残る
・英国はEU離脱期限の延期を要請

・NY原油先物(時間外取引):高値54.31ドル 安値54.12ドル 直近値54.14ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:10月23日(水)14時05分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン