ここから本文です

<米国株情報>医薬品大手4社がオピオイド訴訟で和解

10月23日(水)10時26分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 9,100 -10
野村 NYダウ30種ETF 29,250 -110
P500米株 3,655 -15
P500 ETF 33,650 -100
SAM NYダウETF 27,000 ---
 医薬品卸売のアメリソースバーゲン<ABC>や、マケッソン<MCK>、ヘルスケアサービス大手のカーディナル・ヘルス<CAH>、イスラエル後発薬大手のテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズの4社は21日、オピオイド系鎮痛薬の乱用をめぐる訴訟で合計2億6000万ドル(約280億円)の和解金を支払うことで合意した。

 4社に関する訴訟では18日の時点で、480億ドルの損害賠償金の支払いが求められていたが、和解により21日に予定されていた審理は取りやめになった。

 オピオイド系鎮痛剤の乱用では、米国内で1997年から2017年だけで約40万人が死亡している。今回の訴訟はオハイオ州の一部地域を対象としているが、この問題を巡る全国における2600件もの訴訟の先例になるとして注目を集めていた。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:10月23日(水)10時26分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン

外国株アクセスランキング