ここから本文です

日経平均は20円安、構成銘柄では住友化学、SUMCO、東エレクなどが値下がり率上位

10月23日(水)11時04分配信 モーニングスター

現在値
SUMCO 1,662 -23
住友化 500 -5
三井E&S 832 -19
東エレク 21,735 -775
東建物 1,538 ---
 23日午前11時時点の日経平均株価は前営業日比20円27銭安の2万2528円63銭。朝方は、買いが先行した。英国のEU(欧州連合)離脱に対する不透明感から22日の米国株式は下落したものの、シカゴ日経平均先物が上昇していたことを受け、前場早々に2万2622円19銭(前営業日比73円29銭高)まで値を上げた。米中貿易協議の進展期待も支えとして意識された。その後、株価指数先物売りに下げに転じ、一時2万2457円89銭(同91円01銭安)まで軟化した。一巡後は持ち直し、再びプラス圏入りしたが、買いは続かず、足元では小安い水準で推移している。

 日経平均構成銘柄では、住友化学 <4005> 、SUMCO <3436> 、東エレク <8035> などが値下がり率上位。半面、三井E&SH <7003> 、川崎汽 <9107> 、東建物 <8804> などが値上がり率上位。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月23日(水)11時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン