ここから本文です

米キャタピラー、通年見通し下方修正 中国需要減が重し

10月23日(水)23時37分配信 ロイター

米重機メーカーのキャタピラーが23日発表した第3・四半期決算は、中国需要の減退を受けアジア地域の売上高が13%減少したことが主な要因となり、市場予想を下回った。ワルシャワで2017年6月撮影(2019年 ロイター/KACPER PEMPEL)
拡大写真
米重機メーカーのキャタピラーが23日発表した第3・四半期決算は、中国需要の減退を受けアジア地域の売上高が13%減少したことが主な要因となり、市場予想を下回った。ワルシャワで2017年6月撮影(2019年 ロイター/KACPER PEMPEL)
[23日 ロイター] - 米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>が23日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、中国需要の減退を受けアジア地域の売上高が13%減少したことが主な要因となり、市場予想を下回った。これを受け、キャタピラーは通年の業績見通しを下方修正した。

米中貿易戦争のほか中国経済の減速が企業に及ぼす影響が拡大している恐れが示されたことで、キャタピラーの株価は寄り付き前取引で約5%下落している。

キャタピラーは、トランプ米政権が導入した対中関税措置による影響は、今年これまでに示した見通しの2億5000万─3億5000万ドルよりは小さくなると予想。ただ2019年の1株利益は10.90─11.40ドルになるとし、従来見通しの12.06─13.06ドルから下方修正した。

第3・四半期の売上高は5.6%減の127億6000万ドル。

普通株主帰属の利益は14億9000万ドル(1株当たり2.66ドル)と、前年同期の17億3000万ドル(同2.88ドル)から減少した。リフィニティブがまとめた1株利益のアナリスト予想平均は2.88ドルだった。

キャタピラーは「主に中国需要が低調だったことで、アジア・太平洋地域での売上高が減少した」と説明。建設機械の売上高が29%減少したことがアジア地域の低迷の主な要因になったとし、競争激化と景気減速のほか、小売業者の在庫削減などで苦境にさらされているとした。

ジム・アンプレビー最高経営責任者(CEO)は第4・四半期について、需要はほぼ横ばいになるとの見方を示した。

最終更新:10月29日(火)4時25分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン