ここから本文です

全米の州司法長官、グーグル調査巡り来月協議=関係筋

10月23日(水)15時13分配信 ロイター

 10月22日、全米50の州・地域の司法長官がアルファベット傘下グーグルの広告事業で反トラスト法(独占禁止法)違反がないか調査に乗り出した問題で、各州の司法長官らは来月11日にコロラド州で調査について協議する。写真は9月17日、上海で撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
拡大写真
 10月22日、全米50の州・地域の司法長官がアルファベット傘下グーグルの広告事業で反トラスト法(独占禁止法)違反がないか調査に乗り出した問題で、各州の司法長官らは来月11日にコロラド州で調査について協議する。写真は9月17日、上海で撮影(2019年 ロイター/Aly Song)
[ワシントン 22日 ロイター] - 全米50の州・地域の司法長官がアルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの広告事業で反トラスト法(独占禁止法)違反がないか調査に乗り出した問題で、各州の司法長官らは来月11日にコロラド州で調査について協議する。複数の関係者が明らかにした。

関係者の1人によると、この会合はニューヨークで今週、司法省や連邦取引委員会(FTC)など連邦当局と州当局が米フェイスブック<FB.O>を巡る反トラスト法調査について話し合った会合と同様のものとなる見通し。

別の関係者によると、グーグル調査に関する会合では組織面の問題が取り上げられるとみられ、今後も調査に関する会合がたびたび開かれる可能性が高いという。

最終更新:10月23日(水)15時13分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン