ここから本文です

ロンドン為替見通し=英国議会での動議に対する採決に要注目

10月22日(火)13時41分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ロンドン市場のポンドドルは、英政府による「離脱協定法案」の進展を加速させることを目的とした動議の提出を巡る英議会での動向を見極める展開となる。
 英政府は、本日、「離脱協定法案」の進展を加速させることを目的とした動議を提出して31日の離脱期限までに議会で離脱協定法案を通過させるためのスケジュールを提示する。しかしながら、この動議は否決される見込みであり、ジョンソン英首相の次の一手に要注目となる。さらに、ジョンソン英首相が欧州連合(EU)に対して署名なしで申請した延期申請書簡、延期は誤りと訴える署名入り書簡に対するEU側の対応にも要注目となる。
 採決は、ロンドン時間午後7時(日本時間23日午前3時)頃から始まる。
 ユーロドルは、24日の欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて動きづらい展開が予想されるものの、先週末にトランプ米政権がEU製品75億ドル相当に対する制裁関税を発動し、欧州側も報復関税を示唆していることで、関連ヘッドラインに要警戒となる。
 
・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値目処(めど)は、8月6日の高値の1.1250ドル、ユーロ円は200日移動平均線の122.26円。ポンドドルは10月21日の高値の1.3013ドル、ポンド円は10月17日高値の141.51円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値目処(めど)は、一目均衡表・転換線の1.1075ドル、ユーロ円は10月17日安値の120.34円。ポンドドルは10月21日の安値の1.2875ドル、ポンド円は10月21日の安値の139.49円。
山下

最終更新:10月22日(火)13時41分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン