ここから本文です

米国市場サマリー(21日)☆3

10月22日(火)10時15分配信 時事通信

【金】続落
 COMEXの金塊先物相場は、対ユーロでのドル高や米株価の上昇を眺めて売りが優勢となり、続落した。中心限月12月物の清算値は、前週末比6.00ドル(0.40%)安の1オンス=1488.10ドル。
 金塊現物相場は午後1時46分現在、6.010ドル安の1484.690ドル。

【株価指数先物】日経225先物、大阪引値比120ポイント高
 CMEの日経225先物12月きりは週明け21日、200ポイント高の22690(高値22695、安値22445)だった。21日の大阪引値(22570)比120ポイント高。12月きりのドル建て清算値は22705だった。
 米中貿易摩擦緩和への期待が高まる中、米株とともに買われた。(了)

最終更新:10月22日(火)12時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン