ここから本文です

さくらKCSの9月中間期業績は計画上回って着地

10月21日(月)16時24分配信 みんなの株式

現在値
さくらKC 942 +2
 さくらケーシーエス <4761> がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が103億円から110億5800万円(前年同期比15.3%増)へ、営業利益が9000万円から4億400万円(前年同期2900万円の赤字)、最終利益が1億円から3億4500万円(同400万円の赤字)へ上振れて着地したようだと発表した。

 金融関連部門及び公共関連部門は若干の未達となったものの、産業関連部門で顧客の情報化投資が増加基調にあることに加えて、消費税率引き上げに伴うシステム機器販売案件の前倒しや消費税軽減税率制度対応案件が想定以上に増加したことが要因。また、好採算案件の獲得や要員稼働が堅調に推移し原価率が改善したことも寄与した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、最終利益のみ4億6000万円から4億8000万円(前期比25.0%増)へ上方修正し、売上高230億円(同4.8%増)、営業利益6億1000万円(同16.9%増)は従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:10月21日(月)16時24分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン