ここから本文です

21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

10月21日(月)8時36分配信 モーニングスター

ドル・円予想レンジ:1ドル=107円80銭-108円80銭

 21日の東京外国為替市場で、ドル・円は上値の重い展開とみる。前週末19日には英議会がジョンソン英首相とEU(欧州連合)が17日に合意した新離脱案の採決を先送りしており、英EU離脱をめぐっては不透明感が漂っている。先送りを受けて英政府がEUに届けた離脱期限の延長を求める書簡にはジョンソン首相の署名がなかったといい、EU側の反応には注目したい。また、朝方には9月貿易統計があり、対米黒字の規模次第では米国との通商問題が意識されそうだ。

<主な経済指標・イベント>
国内:9月貿易統計
アジア:中国9月70都市新築住宅価格動向
その他:インド市場が休場

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月21日(月)8時36分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン