ここから本文です

第一三共、「キザルチニブ」に関しEMAのCHMPから否定的な見解が示される

10月21日(月)16時31分配信 モーニングスター

現在値
第一三共 6,887 +122
 第一三共 <4568> は21日、EMA(欧州医薬品庁)のCHMP(医薬品委員会)から、「キザルチニブ(FLT3阻害剤)」のFLT3-ITD変異を有する再発または難治性の急性骨髄性白血病(AML)に対する適応について、承認を推奨しないという否定的見解が示されたと発表した。

 同社では、今後、CHMPの見解を精査し、欧州における次のステップを決定する予定としている。また、同剤のFLT3-ITD変異を有する新規のAML患者を対象としたグローバル第3相臨床試験における患者登録は既に完了しており、AML患者へ新たな治療の選択肢を提供できるよう、同試験終了後の評価結果に期待しているという。

 21日の終値は、前週末比182円安の6632円。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月21日(月)16時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン