ここから本文です

東京外国為替市場概況・8時 ドル円、売り先行

10月21日(月)8時08分配信 トレーダーズ・ウェブ

 21日の東京外国為替市場でドル円は売り先行。8時時点では108.35円とニューヨーク市場の終値(108.45円)と比べて10銭程度のドル安水準だった。19日予定されていた英議会での離脱案採決が先送りとなり、英国のEU離脱をめぐる不透明感が再び浮上。週明けからポンド円が139.49円まで売り込まれたことにつれて、一時108.29円まで値を下げた。

 ユーロ円も売り先行。8時時点では120.90円とニューヨーク市場の終値(121.07円)と比べて17銭程度のユーロ安水準だった。ポンド円主導で全般にリスク回避の動きが進むなか、一時120.79円まで弱含む場面も見られた。

 ユーロドルは下げ渋り。8時時点では1.1157ドルとニューヨーク市場の終値(1.1167ドル)と比べて0.0010ドル程度のユーロ安水準だった。早朝取引で1.1137ドルまで下落したが、その後はユーロポンドなどの上昇につれて1.1165ドルまで下げ渋った。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:108.29円 - 108.54円
ユーロドル:1.1137ドル - 1.1165ドル
ユーロ円:120.79円 - 121.12円
岩間

最終更新:10月21日(月)8時08分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン