ここから本文です

長期投資ができる「10年続く株主優待株」を見極める方法を伝授!「優待品の内容」や「増配・増益の有無」「時価総額」を確認して優良な優待株を見つけ出せ!

10月20日(日)21時20分配信 ダイヤモンド・ザイ

写真:ザイ・オンライン
拡大写真
写真:ザイ・オンライン
 安心して長期保有できる「10年続く優待株」を見極める方法を伝授! 

 2019年10月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は、「ずーっともらえる【株主優待】130」!  大人気の株主優待株だが、株主優待の廃止や改悪というリスクは避けたいところ。そこで、この特集では、安心して長期保有できる株主優待株の条件を導き出し、条件に当てはまる銘柄を紹介!  株主優待名人・桐谷広人さんや著名な優待投資家、ダイヤモンド・ザイ編集部が推薦する「株主優待株」も取り上げている。

 ダイヤモンド・ザイでは、過去10年以上にわたって株主優待を実施し続け、かつ途中で内容を改悪していない銘柄を「10年続く優待株」と命名しているが、今号では「配当」や「業績」などの7つの条件を採点し、点数が高い「10年続く優待株」の50銘柄を紹介している。この記事では「10年続く優待株」のチェック項目や採点の方法を詳しく解説するので、「10年続く優待株」を発掘する際に参考にしてみよう! 

廃止や改悪の不安が少ない株主優待株が一目瞭然! 
配当や業績など、「7つのチェック項目」で株主優待株を採点
 株主優待株は1500以上あるが、なかには途中で株主優待が廃止されたり、改悪されたりして、株価も大幅に下落してしまう銘柄も少なくない。長期保有するなら、株主優待の廃止・改悪のリスクが低い銘柄を選びたいもの。

 そこで参考にしてほしいのが、ダイヤモンド・ザイ12月号で掲載している「10年続く優待株」のランキングだ。「10年続く優待株」とは、単純に「過去10年間、株主優待を実施してきた銘柄」ではなく、「今後10年間、魅力的な株主優待を実施し続ける銘柄」のことなので、株主優待品の「内容」や「拡充」の有無のほか、「増配」や「増益」はできているのか、「財務」は良好なのかなど、さまざまな項目をチェックする必要がある。そこで、ダイヤモンド・ザイ12月号では、過去10年以上にわたって株主優待を実施している「10年続く優待株」候補の銘柄を対象に、「7つのチェック項目」で採点をして、ランキングを作成した。

 その「7つのチェック項目」と採点基準は、以下のとおり。

 (1)株主優待を10年廃止・改悪していない
  今後も株主優待を継続できるかどうかを見極めるために、もっとも重要なのは過去の実績。過去10年間で一度たりとも改悪・廃止をしていなければ20点。
(2)株主優待の内容は自社サービスか
  株主優待の内容は会社によって異なるが、金券やカタログギフトを提供する企業よりも、優待品の調達コストが抑えられる自社商品や自社サービスを提供する企業のほうが継続可能性は高い。自社内で賄える優待品なら10点。
(3)過去5年で株主優待の拡充をしたか
  株主優待を継続しているだけでなく、拡充している会社は、株主優待を有効な株主還元策として重視していると考えられる。過去5年で2回以上の拡充を実施していれば10点、1回なら5点。
(4)過去5期の増配回数
  株主還元を重視する企業姿勢は「増配」にも顕著に表れる。さらに「連続増配」していれば業績も堅調で、株主優待が廃止・改悪される可能性は低いと考えられる。過去5年の増配回数×3点。
(5)過去10期の増益回数
  株主優待や配当の原資は「利益」。会社の本業で稼いだ利益である「営業利益」が増えていれば、株主優待が廃止・改悪されるリスクは低くはずだ。過去10期で増益が10期なら15点、7期以上なら10点、5期以上なら5点。
(6)自己資本比率
  総資本に対する借入金ではない資金の割合を示す「自己資本比率」が高いほど、業績が多少悪化しても余裕があるので、株主優待の廃止・改悪リスクは低くなるだろう。60%超は10点、50%超は8点、40%超は5点。
(7)時価総額
  企業規模を示す「時価総額」が大きいほど、経営の安定度は高くなる。時価総額が3000億円以上で20点、2000億円以上で16点、1000億円以上で12点、500億円以上で8点、100億円以上で4点。

 ダイヤモンド・ザイ12月号では、上記のようにさまざまな項目をチェック、採点してつくった「10年続く優待株ランキング」の1~50位までを掲載している。安心して長期保有ができる「10年続く優待株」を見つけやすい特集になっているので、ぜひ投資のヒントにしてほしい。
【※関連記事はこちら! 】
⇒【10月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】定番で人気のエイチ・アイ・エスやパーク24のほか、優待内容を拡充したロック・フィールドなどに注目! 

 ⇒株主優待株の中で、長期保有向きの「10年優待株」を公開!  優待を10年以上継続、長期の営業黒字を達成などの条件を満たすブルドックソースなど2銘柄に注目

大特集は「ずーっともらえる【株主優待】130」! 
ダイヤモンド・ザイ12月号をチェック! 
 今回は、10月21日に発売されるダイヤモンド・ザイ12月号の大特集「ずーっともらえる【株主優待】130」から、特集のコアとなる「10年続く優待株」のチェック項目や採点基準について解説した。特集では、得点が高かった株主優待株50銘柄をランキングして掲載。そのほかに、桐谷さんなどの株主優待名人が注目している株主優待株も多数取り上げているので、株主優待を楽しみつつ、長く保有できる株を探している人は必見だ。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ12月号は、日本株の人気銘柄やJリートなどの売り時&買い時を分析した企画「気になる銘柄&商品 今から買って大丈夫? 」や、新連載の「AKB48武藤十夢のわくわくFX生活」。さらに、「実績と適正度のダブルでチェック!  長期で安心の分配型投信11」「人気の毎月分配型100本の『分配金』速報データ」「定年退職までのロードマップ【番外編】シニア限定の割引サービス40連発! 」「かんぽって何が問題?  郵政ブランドはなぜ地に落ちたのか」など、お得な情報が盛りだくさん! 

 ダイヤモンド・ザイ12月号は、全国の書店や楽天ブックス・Amazonで10月21日発売! 
ザイ編集部

最終更新:10月21日(月)12時25分

ダイヤモンド・ザイ

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン