ここから本文です

日本人がやってしまう英語の「ダサいあいさつ」

10月19日(土)5時35分配信 東洋経済オンライン

NBAの渡邊雄太選手が、苦労しつつも英語を習得できたわけとは?(c)小林靖
拡大写真
NBAの渡邊雄太選手が、苦労しつつも英語を習得できたわけとは?(c)小林靖
2018年、アメリカのジョージ・ワシントン大学を卒業した渡邊雄太選手は、NBAのメンフィス・グリズリーズと契約を結びます。「NBAプレーヤーになる」という夢がかなった瞬間でした。
しかし、すべてが順調にいったわけではありません。高校卒業後、意気揚々と渡米したものの、現地での生活では多くの苦労を強いられたそうです。苦労の元凶は「英語」でした。いまでは英語でのインタビューも難なくこなす渡邊選手は、どのように言葉のハンディを乗り越えたのか。彼の著書である『「好き」を力にする』から、「言葉」のエピソードを紹介します。
■目の前にそびえる、厚くて高い「言葉の壁」

 渡米後、僕が入学を決めたのは、東部コネチカット州にあるセント・トーマス・モア・スクールというプレップスクールでした。プレップスクールというのは大学に入学するための準備校で、名門大学へ入学するために勉強する人もいれば、スポーツ推薦による大学入学のオファーがくるまでそこで準備する人もいます。

 セント・トーマス・モア・スクールのバスケットボール部には、所属選手を名門大学へ次々と送り込むことで知られるジェレ・クインというヘッドコーチがいました。このコーチの下でぜひプレーしたいと考えた僕は、この学校への入学を希望したのです。
 願書を送り、無事に入学とバスケットボール部への入部が許可されると、いよいよ渡米の日がやってきました。

 僕にとって外国体験と言えば、アンダー17のアジア大会に出場した際に、1度フィリピンに行っただけ。アメリカは初めてでした。

 英語の勉強に関しては、高校2年生の冬にウインターカップが終わり、アメリカに行くと決めてから少しずつ始めていました。ただし、バスケットボールが忙しく、英単語を覚えるくらいの勉強しかしていません。つまり本格的に英語を勉強したのはプレップスクールに入ってからであり、ほぼ英語力ゼロの状態でアメリカに渡ったのです。
 飛行機に乗り、まずはニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港を目指しました。空港で予約していた送迎サービスのドライバーと落ち合うと、そこから車で3時間ほど離れたところにあるプレップスクールに向かいました。

 ここまでは英語を使う必要もなく、大きなトラブルもありません。

 ところが、実際の生活となると、状況は一変します。学校に通い始めるとすぐに厚くて高い「言葉の壁」にぶつかってしまうのです。

 どうしてこんなに通じないのかと思うほど、僕の英語力は使い物になりませんでした。しゃべれないし、相手が何を言っているのかもわからない。来る日も来る日も苦労の連続です。
 だからといって、弱音を吐くわけにもいかない。渡米は自分で決めた道であり、この道を突き進むしかないのです。

 「まずは言葉ができるようになる必要がある」

 そう痛感した僕は、とにもかくにも英語の勉強に力を入れることにしました。

 セント・トーマス・モア・スクールのバスケットボール部には10人ほどのメンバーがいました。フレンドリーな彼らは、僕にとって最良の英語の先生となります。

 自分の言いたいことも伝えられない状態がしばらく続きましたが、それでもめげずに、たどたどしい英語で話そうと頑張りました。とはいえ、ときには心が折れそうな場面にもしばしば遭遇することになります。
 クラスメートに話しかけられ、それに答えようと英単語を頭の中で必死に組み立てていると、相手がしびれを切らし「Oh, never mind.(あー、もういいや)」と言われてしまうのです。最初はフレンドリーに接してくれても、こちらがすぐに反応できないと「この人、英語がわからないんだ。話しかけて失敗した」という顔をされることもありました。さすがにこうしたことが続くと、心が折れそうになります。

 意を決して自分から話しかけても、発音は悪いし、ボキャブラリーも多くない。そのせいで、なかなか言いたいことが伝わりません。まごまごしていると、今度は「何言ってるのかわからないよ」という顔をされてしまうこともありました。
 救いだったのは、チームメートたちがそんな僕にも親身に接してくれたことです。彼らはいつでも仲間意識を持ってくれ、根気強くつき合ってくれました。彼らは僕の言うことを理解しようと努め、さらにはこちらが彼らの英語を理解するまで繰り返し説明するのをいとわなかったのです。

 「雄太が言いたいのは、こういうことか?」

 彼らがこんなふうに聞き返してくれたおかげで、「なるほど、これを言いたいときは、こういうフレーズで表現すればいいのか」と少しずつ会話のサンプルを集めることができました。チームメートたちは僕にとって本当にありがたい存在だったのです。
■日本人がやってしまう「ダサいあいさつ」

 英語がなかなかできないのは、頭の中でいちいち日本語から英語に訳していたことが原因の1つでした。このプロセスを通すと、会話のタイミングがずれてしまって自然に話せません。この過ちを犯してしまうのは日本人に限ったことではなく、ほかの国の留学生たちも同じでした。

 こうした事情をよく理解しているプレップスクールの英語の先生は「外国語を話すときにいちばんやってはいけないのは、頭の中で訳すことだ」といつも留学生にアドバイスしていました。
 「英語で考えて、英語で発信する」

 これが上達のコツであり、そこを意識して、僕は普段から可能な限り英語で考えるように習慣を変えていったのです。

 普段の生活では、チームメートという会話の相手がいたので、英語の学習環境は抜群によかったと言っていいでしょう。

 チームメートとの会話で最初に覚えたのは、若いだけあってどうしてもスラング(俗語)が多くなりがちでした。実際にアメリカに来てみると、スラングは下品なものからウィットにとんだものまでさまざまな形式で使われており、驚くことがよくあります。
 また、あいさつに使われるフレーズも実に独特で、最初はよく戸惑ったものです。

 アメリカ生活が始まった直後、僕は中学校の英語の授業で習ったとおりのあいさつをしていました。先生たちに「How are you?」と聞かれれば、「I'm fine, thank you. And you?」と返していたのです。これが日本で習ったあいさつの基本でした。

 ところが、バスケットボール部のチームメートとつき合うようになると、すぐにあいさつの仕方を“矯正”されてしまいます。
 「雄太、いいか。あのあいさつだけは絶対にやめておけ」

 なんといきなりの全否定。

 彼らは、「How are you?」と聞かれたら、「Good. You?」だけにしろと言うのです。

 「こっちのほうがクールだろ。『I'm fine, thank you. And you?』はマジでダサいから、あれだけはやめろ。わかったな?」

 こんなふうに、念を押されるほどでした。

■アメリカの若者は長いあいさつなんてしない
 そもそも若い人たちは「How are you?」なんていうあいさつはしません。「Hello.」とすら言わないのです。

 彼らは皆、「What's up?」とか「What's good?」「How's it going?」などの短いフレーズを使ってフランクにあいさつをします。

 そんなあいさつを一度も耳にしたことのない僕は、いったい何を言われているのかわからず、最初のころはきょとんとするばかりでした。当然、答え方もわからなかったので、チームメートたちのやり取りを見ながら少しずつ意味や答え方を覚えていったのです。
 言葉について言うと、日常生活でまったく困らなくなるまでに2年くらいはかかったような気がします。

 いまではインタビューなども英語で答えられるようになりましたが、フォーマルな場所で英語をしゃべらなくてはならないときは、いまだに緊張します。

 アメリカの場合、フォーマルなときとそうでないときのけじめのつけ方が日本以上にはっきりしているということもこちらに来て知りました。

 例えばNBAの場合、選手が公の場でスラングを含めたののしり言葉(swear word)を使うと、数百万円単位の罰金を科されることがあります。それほど公私の線引きが厳格なのです。
 とは言っても、何十億円も稼いでいるスター選手の中には、罰金などお構いなしに好きなようにののしり言葉を使いまくっていたりするので、その点はいかにもアメリカ的で面白いなと思います。彼らは罰金が数千万円になっても一切気にしないのです。

 ちなみに、僕はいつも気をつけて答えているので、いまのところ公の場でののしり言葉を口にして罰金を科されたことはありません。

■語学力は誰でも伸ばせる

 渡米直後の生活は慣れないことの連続でしたが、ホームシックになることは幸いありませんでした。これはやはりバスケットボールの存在が大きかったと言っていいでしょう。普段の生活では困ることばかりだったのに、バスケットボールのコートにいると、日ごろの苦労から一気に解放されました。
 もともとバスケットボールはアメリカから日本に伝わったので、日本で使われるバスケットボール用語のほとんどは英語です。そのため、コート上で交わされる英語に関しては、だいたい理解できました。コート上の僕は、打って変わって比較的自由にコミュニケーションが取れたのです。

 バスケットボールがあったからこそ、僕はチームメートともすぐに打ち解けられ、彼らと四六時中会話を交わすうちに、英語もしゃべれるようになりました。
 自分としては、大好きなバスケットボールに打ち込んでいただけなのに、それを介して英語力さえも習得することができたのですから「バスケットボールに巡り合えてよかった」と僕はいつも感謝しています。

 こんな話をすると、「バスケットボールの才能があったから、最良の環境に恵まれて語学も習得できた」とか、「自分には参考にならない」と思う人もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません。

 誰であっても、得意なものや好きなものが1つや2つはあるはずです。音楽でもいいし、アニメやゲームでもかまいません。要は何でもいいのです。
 SNSが普及し、さらには趣味のグローバル化が進んだ今、「得意分野」や「好きな趣味」さえあれば、外国の人たちと簡単に出会えますし、外国語でのコミュニケーションだっていくらでもできます。あとは、積極的にコミュニケーションを取るか取らないかの問題だけです。

 「ずば抜けた語学の才能がなくても、自分の好きなものや趣味を通じて、いくらでも語学力は高められる」

 僕は自らの体験を振り返って、そう強く実感しています。
渡邊 雄太 :NBAプレーヤー

最終更新:10月19日(土)5時35分

東洋経済オンライン

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン