ここから本文です

GLP投資法人が第15期決算を発表、1口当たり実績分配金(利益超過分配金含む)は2,802円

10月19日(土)18時05分配信 JAPAN-REIT.COM

拡大写真
現在値
R-GLP 131,600 -2,000
GLP投資法人 <3281> が、第15期(2019年8月期)決算を発表した。

第15期は「GLP福岡」を売却。固都税が増加する一方、賃料増額改定や太陽光発電収入、物件売却益786百万円が寄与し、前期比6.2%増益。減価償却費の30%相当の利益超過分配を行い、1口当たり分配金(利益超過分配金含む)は2,802円となった。

期末のポートフォリオは75物件、資産規模(取得額合計)は6,079億円、有利子負債比率は44.7%。

第16期(2020年2月期)は、金融コストや資産運用報酬が減少するが、前期の物件売却益がなくなることや太陽光発電収入の減少により、前期比9.2%減益を見込む。減価償却費の30%相当の利益超過分配を行い、1口当たり分配金(利益超過分配金含む)は2,570円となる見通し。

第17期(2020年8月期)は、太陽光発電収入の増加、修繕費や減価償却費の減少により前期予想比1.4%増益を見込み、1口当たり分配金(利益超過分配金含む)は2,599円となる見通し。

ブリッジスキームを強化し、スポンサーのGLPグループが開発した物件の優先交渉権を確保する。今後適切なタイミング及び価格で取得していく予定。

最終更新:10月19日(土)18時05分

JAPAN-REIT.COM

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン