ここから本文です

日経平均テクニカル:5日ぶり小反落、ボリンジャーは上値拡張小休止

10月17日(木)18時15分配信 フィスコ

17日の日経平均は5営業日ぶり小反落。終値、ザラ場高値と安値はいずれも前日水準を下回った。一目均衡表の転換線が横ばいとなったこともあり、上げ一服を示唆。ボリンジャーバンドでは、終値は+2σを下回り、こちらも短期的な上値拡張の小休止を示している。東証1部の騰落レシオ(25日)は128.10%(昨日139.31%)と節目の130%をわずかに下回り、過熱感がやや後退した。ただ、5日線や25日線は上向きをキープし、一目均衡表でも3役好転後の買い手優位の形状が続いており、大勢では上昇トレンドを維持した。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:10月17日(木)18時18分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン