ここから本文です

日経平均は30円程度高、JPX日経400は5日ぶりに反落しルネサス、三井海洋が値下がり率上位

10月17日(木)10時50分配信 モーニングスター

現在値
コロプラ 1,250 +51
アカツキ 6,160 +100
三井海洋開 2,525 -109
ルネサスエ 728 -27
太陽誘電 2,845 -148
 17日午前10時45分すぎの日経平均株価は、前日比30円程度高い2万2505円前後で推移。朝方は売り優勢の展開となったが、切り返す動きが動きが強まりプラス転換。午前10時22分には、同49円47銭高の2万2522円39銭を付けている。為替市場では、ドル・円が1ドル=108円80銭前後(16日終値は108円64-65銭)で、朝方よりもやや円安方向に振れていることが、意識されているもよう。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前日比32.69ポイント安の1万4558.87ポイントと5日ぶりに反落。同指数の構成銘柄では、値下がり率の上位は、ルネサス <6723> 、三井海洋 <6269> 、HOYA <7741> がランクイン。一方、値上がり率上位に、コロプラ <3668> 、アカツキ <3932> 、太陽誘電 <6976> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月17日(木)10時50分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン