ここから本文です

【香港IPO】こんにゃく製造会社の緑新親水の初値は公募価格を約53%上回る

10月17日(木)10時58分配信 サーチナ

緑新親水(01084)は17日、香港メインボードに上場した。公募価格1.16香港ドルに対し、初値は1.77香港ドル。(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
緑新親水(01084)は17日、香港メインボードに上場した。公募価格1.16香港ドルに対し、初値は1.77香港ドル。(イメージ写真提供:123RF)
 緑新親水(01084)は17日、香港メインボードに上場した。公募価格1.16香港ドルに対し、初値は1.77香港ドル。公募価格を約53%上回った。その後、1.78香港ドルの高値を付け、1.36香港ドルに下押している。
 
 同社は、中国で有数のハイドロコロイド生産者。天然由来で海藻または植物由来の寒天、カラギーナン、こんにゃく等の製品を製造している。
 
 2018年12月期の売上高は9.97億香港ドル(前期比50.71%増)、税前利益は1.30億香港ドル(同7.74%増)。2019年3月期(3カ月間)の売上高は1.90億香港ドル(前年同期比7.67%増)、税前利益は0.23億香港ドル(同約2.5倍)。
 
 公募によって調達する約1.84億香港ドルは、約34%を福建省竜海市の新しい生産工場の建設に、約34%を福建州ショウ州市の工場の建設など、主に生産設備の増強に充てる。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:10月17日(木)10時58分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン