ここから本文です

前場コメント No.2 エーアイ、DDHD、エーザイ、ワコム、安川電機など

10月16日(水)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
DDHLD 1,430 -10
エーアイ 1,739 +75
エーザイ 7,686 +246
グノシー 1,725 +1
安川電 4,105 -115
★9:01  Gunosy-買い気配 上限43万株・5億円の自己株取得へ 割合は1.82%
 Gunosy<6047>が買い気配。同社は15日に、上限43万株・5億円の自己株取得枠を設定すると発表した。
 株主還元の強化および資本効率の向上を図るため。取得期間は10月16日~11月15日。上限を取得した場合の自己株式を除いた発行済株式総数に対する割合は1.82%となる。

★9:01  エーアイ-続伸 TBS NEWSの「いらすとキャスター」に「AITalk」が採用
 エーアイ<4388>が続伸。同社は10月15日大引け後に、TBSテレビ(東京都港区)の報道局が運営するニュースサイト「TBS NEWS」で起用される、バーチャルYoutuber(Vtuber)のニュースキャスター「いらすとキャスター」に、音声合成エンジン「AITalk」が採用されたと発表した。すでに10月7日より、TBS NEWSのSNSサイトより配信を開始している。

★9:01  DDHD-買い気配 通期営業益を上方修正 上期は43%増益
 DDホールディングス<3073>が買い気配。同社は15日、20.2期通期の連結営業益予想を従来の23.4億円から29.0億円(前期比37.1%増)に引き上げると発表した。
 20.2期上期(3-8月)期間において、飲食事業の既存店売上高前年対比が100.6%と堅調に推移していることに加え、アミューズメント事業が同107.0%と好調だったことが寄与した。
 併せて発表した20.2期上期(3-8月)の連結営業利益は17.7億円(前年同期比42.6%増)だった。

★9:01  エーザイ-3日続伸 部分てんかん併用療法に関する適応で中国当局より新薬承認を取得
 エーザイ<4523>が3日続伸。同社は10月15日大引け後に、自社創製の抗てんかん剤「フィコンパ」(一般名:ペランパネル)について、12歳以上の部分てんかん併用療法(二次性全般化発作を含む)の適応で、中国国家薬品監督管理局より新薬承認を取得したと発表した。
 同剤は中国で既存の治療に比べ、治療上の顕著なメリットを有するとして優先審査品目に指定されており、2018年9月の申請から約12カ月で承認を取得。
 「フィコンパ」は筑波研究所で創製されたファースト・イン・クラスの抗てんかん剤であり、1日1回投与の錠剤。グルタミン酸によるシナプス後膜のAMPA受容体を選択的かつ非競合的に阻害し、神経の過興奮を抑制するとした。

★9:01  ワコム-買い気配 上期営業益を上方修正 スマホ向けペン・センサーシステムの需要早期化が寄与
 ワコム<6727>が買い気配。同社は15日に、20.3期上期(4-9月)の連結営業利益予想を従来の16.1億円から30.0億円(前期比9.7%増)に引き上げると発表した。テクノロジーソリューション事業における、スマホ向けペン・センサーシステムに対する需要の早期化、経費発生の遅れなどが寄与する。

★9:02  安川電機-BofAMLが「UP」へ引き下げ 業績回復が遠のいた点を織り込む
 安川電機<6506>が買い気配。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BofAML)では、業績回復が遠のいた点を織り込むとコメント。投資評価を「中立」→「アンダーパフォーム」、目標株価を3500円→2900円と引き下げた。
 今20.2期2Q決算発表において、会社側は通期の営業利益予想を46%下方修正した。この減額幅がBofAML予想を大幅に上回るものであったことを踏まえ、投資評価を「アンダーパフォーム」に引き下げ。今回、今20.2期営業利益の会社予想が従来の465億円から250億円(従来のBofAML予想は372億円)に引き下げられたことは、同社が下期の回復を予想していないことを意味する。したがって、少なくとも今後数四半期は需要が回復せず、落ち込むリスクが高まっている。現在のバリュエーションの水準をもとにすれば、株価は業績回復を織り込んでいると考えられるため、市場が回復シナリオに疑念を持ち始めるとこの水準は下落圧力にさらされる見通しとした。
小林

最終更新:10月16日(水)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン