ここから本文です

日経平均は360円程度高、年初来高値更新後も堅調に推移=16日寄り付き

10月16日(水)9時25分配信 モーニングスター

現在値
SUMCO 1,658 -4
浜ゴム 2,298 +2
ブリヂスト 4,379 +7
AGC 3,930 -15
ガイシ 1,794 +16
 16日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比360円程度高い2万2570円前後で推移する。午前9時6分には、同408円26銭高の2万2615円47銭まで上昇し、4月24日に付けた取引時間中の年初来高値(2万2362円92銭)を更新した。堅調な地合いが続くなか、現地15日の米国株式が反発した動きを受け、買いが先行。外国為替市場で、ドル・円相場が円安方向にあることも支えのようだ。その後も堅調な動きが続いている。シカゴ日経平均先物の清算値は、15日の大阪取引所終値比325円高の2万2525円だった。

 業種別では、コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株や、SUMCO <3436> 、LIXILG <5938> などの金属製品株が上昇。AGC <5201> 、ガイシ <5333> などのガラス土石株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株も高い。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株も堅調。三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株や、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も上げている。

 個別では、明治海 <9115> 、ワコム <6727> 、Gunosy <6047> 、松竹 <9601> 、扶桑化学 <4368> などが上昇。半面、北の達人 <2930> 、ラクトJ <3139> 、レナウン <3606> 、コロプラ <3668> 、TBASE <3415> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=108円台の後半(15日終値は1ドル=108円35-36銭)、1ユーロ=120円台の前半(同119円40-44銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月16日(水)9時25分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン