ここから本文です

日経平均は338円高と大幅に4日続伸、年初来高値を更新、米国株高で買い先行=16日前場

10月16日(水)11時42分配信 モーニングスター

現在値
SUMCO 1,662 -23
TOYOタ 1,559 +1
ブリヂスト 4,372 +42
東海カボン 1,036 -7
TOTO 4,615 ---
 16日前場の日経平均株価は前日比338円53銭高の2万2545円74銭と大幅に4営業日続伸。4月24日に付けた取引時間中の年初来高値(2万2362円92銭)を更新した。朝方は、好調な米企業決算を背景に15日の米国株式が上昇した流れを受け、買い優勢で始まった。円安・ドル高も支えとなり、前場早々に2万2615円47銭(前日比408円26銭高)まで値を上げた。一巡後は、円下げ渋りもあって伸び悩む場面もあったが、前引けにかけては2万2500円台でもみ合った。

 東証1部の出来高は7億1935万株、売買代金は1兆2306億円。騰落銘柄数は値上がり1763銘柄、値下がり319銘柄、変わらず70銘柄。

 市場からは「海外勢の買い戻しが主体であり、ここまで持ち上げられると、さらに買い戻しを誘う可能性がある。米中問題は最悪期を脱した。7-9月期の業績悪は織り込みが進み、10-12月期からの回復を見据え、これから明るいストーリーが描けるのではないか」(中堅証券)との声が聞かれた。

 業種別では、東海カーボン <5301> 、TOTO <5332> などのガラス土石株や、ブリヂス <5108> 、TOYO <5105> などのゴム製品株が上昇。三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> などの銀行株も買われた。LIXILG <5938> 、SUMCO <3436> などの金属製品株や、ファナック <6954> 、東エレク <8035> 、安川電機 <6506> などの電機株も堅調。東レ <3402> 、オンワードHD <8016> などの繊維製品株や、日立建機 <6305> 、クボタ <6326> などの機械株も買われた。

 半面、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が軟調。日水 <1332> などの水産農林株も安い。

 個別では、アプラスF <8589> がストップ高となり、ワコム <6727> 、ヨシムラFH <2884> 、明治海 <9115> 、アジア投資 <8518> などの上げも目立った。半面、UMCエレ <6615> (監理)がストップ安ウリ気配となり、北の達人 <2930> 、コロプラ <3668> 、TBASE <3415> 、メディアHD <3678> などの下げが目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月16日(水)11時42分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン