ここから本文です

15日の主な要人発言(時間は日本時間)

10月16日(水)5時10分配信 トレーダーズ・ウェブ

15日05:17 トランプ米大統領
「もしトルコのリーダーが危険で破壊的な道を進むのなら、トルコ経済を素早く破滅させる準備ができている」
16日04:38
「中国の対応は良好。銀行に関する第2段階を想定している」
「トルコには厳しい姿勢」

15日09:34 黒田日銀総裁
「政策金利、少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利を維持する」
「物価モメンタムが損なわれる恐れが高まる場合は、躊躇なく追加緩和」
「金融システムは安定維持、金融環境は極めて緩和した状態」

15日14:25 アルトマイヤー独経済相
「独は景気刺激政策を必要としていない」

15日17:36 ブラード米セントルイス連銀総裁
「FRBは会合ごとに金利を決定する」
「予想以上に急激な景気減速が進むリスクがある」
「貿易摩擦によるリスクは依然高い」

15日17:41 中国外務省
「第1段階合意に関する米政府の見解に違いはない」

15日20:02 カーニー英中銀(BOE)総裁
「合意なき離脱となった場合への準備はできている」

15日21:42 ブリハ英金融政策委員会(MPC)委員
「合意なき離脱となれば、刺激策が必要となる場合も」
「離脱が遅れれば、金利引き下げも」

15日22:07 国際通貨基金(IMF)
「2019年の世界経済成長見通しを7月の3.2%から3.0%へ引き下げ」
「2020年の世界経済成長見通しを7月の3.5%から3.4%へ引き下げ」
「2019年の米経済成長見通しを7月の2.6%から2.4%へ、2020年の長見通しを2.3%から2.1%へ引き下げ」
「2019年の中国経済成長見通しを7月の6.2%から6.1%へ、2020年の長見通しを6.0%から5.8%へ引き下げ」
「米中貿易をめぐる緊張が世界のGDPを2020年までに0.8%押し下げ」

15日23:39 ショルツ独財務相
「直前でブレグジット合意となれば良いことだ」
「合意なき英離脱となれば、英国だけでなく全ての国に影響がある」

16日00:03 スタージョンSNP(スコットランド民族党)党首
「スコットランドは独立できるほど豊かだ」
「20年にスコットランド独立を問う国民投票を実施すべき」

16日00:21 バラッカー・アイルランド首相
「ブレグジット交渉は進展しているが、EUサミットまでに合意できるかは不透明」
「英国とEUのギャップはまだ大きいが、ここ数時間で状況は変った」

16日00:27 EU高官
「ブレグジット交渉が合意に至るという報道は時期尚早」

16日02:49 フォスター民主統一党(DUP)党首
「先週の英・アイルランド首脳会談後の幾つかの思惑は的外れ」
「EU離脱が実行できるように協力する」
「もしDUPが離脱案を支持しなければ可決しないことは誰でも知っていること」

16日04:41 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「FRBのインフレ目標はまだ達成されていない」
「米経済についてのニュースはとてもポジティブなもの」
「向かい風にもかかわらず今年2回の利下げで成長は維持された」

※時間は日本時間
中村

最終更新:10月16日(水)5時10分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン