ここから本文です

15日の東京株式市場見通し=続伸後、心理的なフシ目の2万2000円に迫る場面も

10月15日(火)7時47分配信 モーニングスター

現在値
北の達人 687 +22
ドト日レH 2,227 -3
TKP 4,720 -40
LINE 5,150 +110
サンサン 4,595 +40
 予想レンジ:2万1700円-2万2000円(11日終値2万1798円87銭)

 15日の東京株式は続伸後、心理的なフシ目の2万2000円に迫る場面もありそう。前週末の堅調な地合いのなか、米中貿易協議の進展もあり、朝方は買いが先行するとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台の前半(前週末11日終値は107円91-92銭)、ユーロ・円が1ユーロ=119円台の半ば(同118円82-86銭)と円安方向に振れている。為替相場の円安を追い風に、輸出関連銘柄を中心とした物色となりそうだ。14日のADR(米国預託証券)は円換算値で、LINE <3938> 、アドバンテス <6857> 、キーエンス <6861> などが、前週末11日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、同11日の大阪取引所終値比195円高の2万1995円だった。(高橋克己)

15日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・13:30 8月第三次産業活動指数
・日銀支店長会議
・地域経済報告(さくらレポート)
・IT技術とエレクトロニクスの国際展示会「シーテック2019」(18日まで)
・決算発表=北の達人 <2930> 、ドトル日レス <3087> 、TKP <3479> 、Sansan <4443> 、近鉄百 <8244> 、松竹 <9601>

【海外】(時間は日本時間)
・10:30 中国9月消費者物価、中国9月生産者物価
・18:00 独10月ZEW景況感指数
・21:30 米10月NY連銀製造業景気指数
・決算発表=シティグループ、ゴールドマン・サックス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、ウェルズ・ファーゴ

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月15日(火)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン