ここから本文です

関電・八木会長と岩根社長が辞任会見(全文6完)経営への影響は大変大きい

10月10日(木)13時19分配信 THE PAGE

会見終了後、頭を下げる八木会長(左から2人目)と岩根社長(同3人目)
拡大写真
会見終了後、頭を下げる八木会長(左から2人目)と岩根社長(同3人目)
 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、同社は9日午後、記者会見を開き、八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任を発表した。八木会長は同日付で辞任。岩根社長は、第三者委員会の報告書がまとまり次第、辞任する。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは、「関電の八木会長と岩根社長が会見 会長は辞任へ(2019年10月9日)」に対応しております。

     ◇     ◇

監督官庁に報告したのはいつか

朝日新聞:朝日新聞の小池と申します。主に2点あるんですけれども、先ほどの質問と少し重なるところがあるんですが、トップの2人が辞任の意向を固めたということに対して、国に報告された、監督官庁に対して報告したのは、これはいつのことになるんでしょうか。

岩根:本日の臨時取締役会後でございます。

朝日新聞:それは誰に。国は誰に対してでしょうか。

岩根:誰かということについては答弁を差し控えさせていただきます。

朝日新聞:監督官庁のほうになるんですか。

岩根:監督官庁にご報告しております。

朝日新聞:今回の人事、トップの辞任に関して、例えば監督官庁の経産省だとか国側から【対して 01:27:33】、トップが責任を取らないと事態が収拾できないといったような、例えば意見だとか働き掛けなど、そういったことはなかったんでしょうか。

岩根:そうしたことは一切ございません。全て私と八木で相談して、われわれのほうで判断いたしております。

朝日新聞:もう1点だけなんですけれども、大阪市のほうでも第三者委に対して推薦人を要請するという動きがあったと思うんですが、元市長の橋下さんを挙げるという声もありましたが、今回の第三者委の委員に関してそれが反映されていないと。実質的にはこれは拒否されたというふうな認識でよろしいでしょうか。

岩根:先ほどから申し上げておりますように、第三者委員会のガイドライン、全てのステークホルダーのために調査するということがガイドラインに書いておりますので、独立性、中立性を確保するためということで、そういうさまざまな観点から、先ほどから申し上げて、但木弁護士に委員長をお願いしてございます。大阪市のご要請の内容は但木弁護士にもお伝えしており、本日、われわれの会社のほうから正式な回答を大阪市にする予定でございます。

司会:よろしいですか。3問出しましたが。

朝日新聞:はい。

司会:ほかの方。次はどこでしたっけ。あちらですか。

(01:29:22~01:29:24 音飛び)

辞任による経営への影響は?

記者:辞任という事態になりました。このことの経営への影響についてどのようにお考えか、お願いします。

岩根:これは経営への影響は大変大きいと思ってますが、ある意味、次の世代が次の関西電力を背負って頑張っていただきたいというふうな形で、若くて有能な人材を登用したつもりでございます。

記者:ありがとうございます。また、先ほど原発をめぐり底深い問題があると指摘されました。今回、第三者委員会の調査結果は、今後の御社の原発施策、また再稼働方針になんらかの影響を与えうるものなんでしょうか。

岩根:先ほど申し上げたのは、森山氏との関係が相当前からあるという意味で、かなり深いものがあると申し上げたことでございます。

記者:森山さんとのご関係というのは、原発そのものが生み出した構造的なものに理由があるとはお考えではないんでしょうか。

岩根:その構造的理由も含めて、第三者委員会で、これはやっぱり調査をされるものというふうに考えてございます。

司会:よろしいですか。

記者:もう1点。中間貯蔵施設についてなんですけれども、先日の会見でも2020年をめどというのは変わらないというご見解を示されましたけれども、このような形で両トップを含め多くの方が辞められて、かなり厳しくなっているのではないかと思います。本日、福井県の杉本知事も、難しくなってるというようなことを記者会見でおっしゃってますけれども、ご見解をお願いします。

岩根:これは福井県殿に2020年を目途に計画地点を公表すると申し上げてるお約束はまだ生きてると思ってございまして、会社を挙げて全力で、そのお約束を守るべく頑張ってまいりたいというふうに思ってございます。ちょっとまだ、これについて、どのぐらい影響が出るというのは、ちょっと現時点では申せませんが、やはりお約束してございますのでしっかり頑張ってまいりたいというふうに考えてございます。

司会:よろしいですか。

記者:はい。

司会:ありがとうございます。あとお1人ですか。

今回の問題の本質へのスタンスは、2日の会見時と同じか

共同通信:すいません、共同通信の【オオニシ 01:32:00】と申します。今の質問とも若干、関連はするんですけども、前回の会見のときにはわりと、調査委員会報告書もそうですけど、森山さんに脅されたとか、森山さんの、どっちかというと人格の特殊性が問題の本質だったみたいな発表のされ方をしたと思うんですけども、その後、いろんな世間の批判とかいろんな声とかを聞いて、今回の問題の本質に対するスタンスっていうのは、森山さんへの見解を含めて、2日の会見で公表されたときとお変わりはないというふうに受け取ってよろしいでしょうか。それとも何かこの間でいろんな社外の声を聞いて、その辺のスタンスが変わったりはしましたでしょうか。会長と社長にお願いします。

岩根:まず私のほうからお答えします。やはり調査報告書に書いてますように、森山氏との関係が大変難しかったことは事実でありますし、森山氏にさまざまな威嚇的なことをされたことも事実で、そうした中で個人が判断してきたことも事実でございまして、非常に、個々人としても非常に困難な状況の中で苦慮していたということは、前回、申し上げたとおりでございますけども、やはりそうしたことを、個人の問題を、やはり会社として、組織として、しっかりと対応できなかったという中で、やはりこの問題がむしろ大きくなっていったというふうに認識しております。

八木:事実関係につきましては岩根が申し上げましたように、今回ご説明、ご報告してる内容っていうのは報告書の内容に沿った内容でございますので、特に事実関係が変わったものではございません。

司会:よろしいですか。まだおられました? 最初から予定されてた方ですか。はい、じゃあ。

新役員は金品を一切受領していないのか

朝日新聞:すいません、朝日新聞の【ナカノ 01:34:16】と申します。今回の役員人事で、辞める人を除いて残留される役員、それから新任、新しく役員になられる方、これ全員、森山氏や関連業者、あるいは類似事案を含めて、金品の受領は一切ないという理解でよろしいでしょうか。

 それとあと、新任を除いて、あと、岩根社長を除かれて、そのまま残留される役員については金品の受領はないのはもちろん、この1年間、社内調査が一部の役員の間だけで共有されて、ほかには、取締役会には報告されてなかったんですけども、その非公開にするという決定に関与した方は、岩根社長を除けば、一切、残留されてないという理解でよろしいでしょうか。

岩根:今回の人事異動を当たるに当たって、森山氏からの金品の受領はないという確認は取ってございます。今回のメンバーと、この取締役会にかけなかったという関係について、今回のメンバーが取締役会にかけなかったということについてどのように関与していたかということについては、第三者委員会の中で調査、検証していただきたいと思ってございます。

岡田:補足ですけれども、今回、新任の常務執行役員候補でございますが、これにつきましては森山氏から金品を受領してないということを確認しております。

 それから、今回、本人の申し出および事業運営上の必要性ということで、4人の者が退任ということでございますけれども、今回につきましては、この対象の範囲を含め、現時点でいったん職変更を行ったものということでございまして、全体としては、今後の第三者委員会の結果を踏まえて、あらためて検討、判断すると、こういった考えでございます。

司会:よろしいですか。一応、以上で全てだと思いますが、私の関係で漏れとかございませんか。よろしいですか。幹事社さま、いかがでしょう。よろしいでしょうか。はい。

 それでは以上をもちまして臨時の会見を終了させていただきます。急遽お集まりいただいてありがとうございました。

(完)【書き起こし】関電・八木会長と岩根社長が辞任会見

最終更新:10月10日(木)13時19分

THE PAGE

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン