ここから本文です

関電・八木会長と岩根社長が辞任会見(全文5)他地域も調査の必要がある

10月10日(木)13時03分配信 THE PAGE

「今後、他地域についてこういう問題がないかどうかについてもやはり会社としてしっかり調査していく必要がある」と岩根社長
拡大写真
「今後、他地域についてこういう問題がないかどうかについてもやはり会社としてしっかり調査していく必要がある」と岩根社長
 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、同社は9日午後、記者会見を開き、八木誠会長と岩根茂樹社長の辞任を発表した。八木会長は同日付で辞任。岩根社長は、第三者委員会の報告書がまとまり次第、辞任する。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは、「関電の八木会長と岩根社長が会見 会長は辞任へ(2019年10月9日)」に対応しております。

     ◇     ◇

社長が判断したのか

朝日新聞:社長が判断されたと。

岩根:但木先生がいい、というか、法務ラインのほうが、私自身が全部調べませんけど、法務ラインでチェックした結果、いろんなことからすると、但木先生が一番ではないかという話を受けまして、ご経歴も立派な方でございますので、それじゃあお願いしてみようという判断をしたのは私でございます。

朝日新聞:分かりました。あと、このガイドラインを読むと、基本的に資料は全面開示が原則だと。それでガイドラインの作成に関わった先生とかに聞くと、工事発注リストですとか吉田開発以外の金品を渡した業者、こういったものは当然、開示されるべきだとおっしゃってる方もいましたが、開示されるお考えはありますか。

岩根:これは第三者委員会の先生でお決めになることであると思いますので、われわれが申し上げることではございません。

朝日新聞:では第三者委員会がそう判断すれば同意されますか。

岩根:これは全て第三者委員会の先生のご判断であるというふうに思ってございます。

朝日新聞:分かりました。ありがとうございます。

司会:よろしいですか。ほか。そちらから順番にお願いします。

どうすれば信頼を失わずに済んだと思うか

読売新聞:読売新聞の【オチアイ 01:13:04】と申します。2点ありまして、1点目は、いろいろ厳しい批判をいただいてたということなんですけども、これは具体的にいうと、テレビを見ていらっしゃったのか、それとも生の声が営業のほうからどんどん届いていたのか、把握された状況を詳しく教えていただきたいっていうのが1点目。

 もう1つは、どうすれば信頼を失わずに済んだのかというふうに、今、思っていらっしゃるのか、これは八木さんと岩根さん、お2人にそれぞれお伺いしたいです。お願いします。

岩根:まず、新聞の報道とかテレビが放映された要旨、要点、これにつきましては広報のほうから毎日来てございますし、当然、今、各部門にどのような影響があるかということについては、全社会議をやりながら各部門から報告を受けてございますので、さまざまな方面のお声も聞かせてはいただいておりますので、そうしたことを総合的に判断したということでございます。
 どうすれば損害が少なくなったのかというのは、これは第三者委員会の先生の調査に影響があり得るというふうに考えますので、答弁は差し控えさせていただきたいと思います。

司会:よろしいですか。会長です。

八木:先ほどから申し上げます、今回の事態というのは、1つはやっぱり過去の慣習ということで、個人の判断に委ねてしまって、会社として組織的な毅然とした対応、これが取れなかったということ。それから社外公表をしなかったという意味で、これは違法では、コンプライアンス上の不適切な面はあるものの違法ではないと判断をして社外公表をしなかったことによって、当社のコーポレートガバナンスの実効性に重大な疑義を生じさせたわけですが、こうしたことの判断がどうだったかということを、今回、第三者委員会によってきちっと検証いただきたいというふうに思っております。

司会:よろしいですか。次の方、お願いします。

4人の辞任理由と申し入れ時期を知りたい

毎日新聞:毎日新聞の杉山といいます。まず1点。こちらに書かれている森中さん以下4人、辞められる、辞任の申し入れがあったと思うんですけれども、4人の辞任の理由と、あと、いつ申し入れがあったのか。

 あと、20人の方が受け取ってると思うんですけれども、この人たち以外で辞任の申し入れがあった方はいるのかっていうのを教えてください。

岩根:これは最終的に、それぞれの金額がどのような形で授受されたとか、その理由とか返還の理由を踏まえて最終的に決定されるべきものというふうに思っておりますけども、やはり非常に社会にこれだけのご批判、ご不審、ご迷惑をお掛けしてるというところで、会社側として、ある対象の範囲というのは、現在の職位とか受領金額に応じて判断をしまして、本人の意向を受けてこういう措置はしたということでございますので、基本的に対象範囲も含めて現時点でいったん、この人間について、この5人につきまして、職内容を変更させていただきまして、今後、第三者委員会の結果を踏まえまして、さっき言ったように最終的に判断したいというふうに考えてございます。

 ちょっと、いつであったかというのは、すいません、ちょっと今日、人事の人間がおりませんが、ごく最近でございます。ごく最近。おそらく1日か2日前ですね。

岡田:昨日までの間に順次ということでございます。

具体的にどういう批判の声が聞こえてきたのか

毎日新聞:分かりました。あと、先ほど来から批判の声が聞こえたという話だったんですが、具体的にどういう批判の声が聞こえてきたんでしょうか。

岩根:やはり関西電力に対する失墜、あるいは原子力事業に対する失墜というようなことが一番多いというふうに思います。やはりお客さまや社会の皆さまからの信頼に支えられての電力会社の事業でございますので、そういう信頼の失墜というところがわれわれとしては一番、本当に申し訳なかったというふうに思ってございます。

司会:よろしいでしょうか。

毎日新聞:あと1点。今日は臨時取締役会を開かれたと思うんですけれども、そこでの概要、あと、どれぐらいの時間やったのかということ。あと、社外取締役の方から今日を含めて辞任、進退に関する提言というか、そういうのがあって、それは決断に影響したのかというのを教えてほしいです。

岩根:社外の役員の方から、やはり第三者委員会で本当に根本原因がなんだったかというのをしっかり洗ってもらう必要があるので、ともかく徹底的に調査して、その結果を踏まえて会社が生まれ変わる機会とすべきだと。それから、組織風土そのものも第三者委員会に見てもらうべきと。

 一方、この問題、大変なことでございますけど、社員は今の状況も踏まえて、これまでどおり必要な仕事をしっかりしていく必要があるので、社員への情報提供をしっかりすることと、それぞれの組織の責任者が従業員の思いや今の課題に配慮して、そちらのほうにも目配りをするようにというご意見を賜ってございます。

司会:よろしいですか。

岡田:補足ですけれども、本日は、初めに人事・報酬等諮問委員会というのがございまして、これは本日は社外役員だけで開かれまして、時間的には1時間以上掛かっております。それからその次に取締役会が開かれまして、これは1時間弱ぐらいであります。

司会:よろしいですか。ちょっと同じ質問が増えてきてるので絞り込んでいただけると助かるなと思います。どうぞ。

地域的にどれぐらいの広がりを持つ事案なのか

NHK:NHKのハヤシと申します。第三者委員会の調査を過去にわたってどれぐらいやるのか、また、類似の事案がほかの地域、ほかの原発でどうやってやるのかっていうのはおそらく第三者委員会と協議して決めるというふうにおっしゃると思うんですけれども、その協議の前提として、関西電力さんが現時点でどれぐらい過去からの事案がこの問題にあって、どれぐらいの広がりがある、事案があるのかっていう認識が大事だと思うんですけれども、そういった、あらためてこの問題が現時点で関西電力としてはどれぐらい過去からの事案であって、また、地域としてどれぐらい広がりを持つ事案だというような認識があるんでしょうか。

岩根:これは調査報告書にも記載をしており、森山氏とは高浜増設のころからの有力者であるということで、かなり昔からの有力者だというふうに認識しています。金銭の授受については7年間に在籍した人間しか調べておりませんので、それより以前は調べておりませんが、かなり昔からなんらかの関係はあったということには調査報告書にも記載しておりますので、そうした点をどの程度、調べていただけるかということかというふうに思ってます。

 ちょっとどのぐらいの広がりがあるかというのは、私自身、分かりませんが、長いということも含めて、どの程度の広がりがあるかということを調査委員会のほうでしっかり検討していただくことになるのかと思ってございます。

ほかの類似事例の広がりはどう認識しているのか

NHK:地域的な、ほかの類似事例の広がりっていうのは現時点ではどのように認識されているんでしょうか。

岩根:現時点で他地域について、今後、他地域についてこういう問題がないかどうかについてもやはり会社としてしっかり調査していく必要があると思ってございます。

NHK:最後。現時点では他地域にどれぐらい広がりがあるかっていうのは認識がないということでしょうか。

岩根:今の時点で私としてそういう。他地域っていうのは、森山氏の件ということでございますか。

NHK:そうですね、森山さんの関係ある事例。

岩根:森山さんの関係は、今の時点では、われわれの認識している範囲ではこの範囲だと思ってございます、今の時点で。

NHK:最後に。森山さんが関係がない事例として他地域に同様の事例があるっていうような認識はあるんでしょうか。

岩根:それも現時点ではこのような事例はないと思ってございますが、そうしたものについては、われわれ自身も調べる必要があると思っておりますし、第三者委員会のほうでもそういう話が出るかもしれません。

司会:次の方、お願いします。

認識を改めた部分はあったのか

読売テレビ:読売テレビの中島と申します。3点お伺いさせてください。1点目なんですけれど、前回の会見ではスーツは儀礼の範囲外ということで、返還するというようなあらためて説明がありました。問題発覚から今日の辞任発表までの間に、これまで金品の受け取りに関して、関電での常識だと思っていたのが、お客さまや世間の声を受けて、世間一般では非常識と捉えられると、そういった認識を改めた部分っていうのはあったんでしょうか。会長と社長、いずれもお答えください。

岩根:社会通念上のお付き合いというのはありますけども、やはりこれは過度になってはいけないというふうにしておりますが、ちょっと他社さん等も含めまして、どのようなレベルというのが社会通念上かということについては、今後、さらにしっかり考えてみたいと思ってます。

 この報告書の出したあとは、社会通念上ということで、通達というか私のほうから申し上げてることは事実でございますが、その詳細なりについては差し控えさせていただきたいと思っております。

八木:社長のほうから本件の調査の報告書が出たあとで、今、社長が申し上げましたように、儀礼の範囲内というんですか、通常の儀礼の範囲内、過度な金品の受領というんですか、贈答は避けるようにという指示が出されておりまして、私もその点は承知しておりますが、今後、その辺につきまして、どういう、会社として整理をしていくかというのは、また第三者委員会のご評価も踏まえながら、新しい体制の中でしっかりと検討されていくんだろうと思います。

司会:よろしいですか。

調査報告書の開示は良かったと考えているのか

読売テレビ:あと2点目なんですけれど、原子力事業に影響があるからということで、森山氏をめぐる問題というのは、長年、個人の判断に委ねられてきたというお話が今日もあったと思うんですけども、調査委員会の結果が出たというときは、まだ森山氏がご存命だったときで、当時、公表しないっていう判断をされたのは、出すことで原子力運営に影響があると、そういったところも考えられたというところはありますでしょうか。

 また、批判はあったというお言葉がありましたが、前回、調査報告書をおおむね開示していただいたことについては良かったとお考えでしょうか。

岩根:今回、それぞれ歴史があって、それぞれの中で、個人あるいは組織のどのレベルでの判断がこういうことになったのかということが、まさに第三者委員会の今回の1つの一番大事な調査項目だというふうに思ってございます。
その背景にどのようなことがあったか、原子力事業に対する影響をどう考えてたかということも、第三者委員会の調査の重要なポイントだというふうに考えてございます。

司会:いいですか。じゃあ次の方、お願いします。

【書き起こし】関電・八木会長と岩根社長が辞任会見 全文6へ続く

最終更新:10月10日(木)13時20分

THE PAGE

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン