ここから本文です

後場コメント No.3 ユナイテッドスーパー、ストライク、鶴弥、オンキヨー、ファミリーマートなど

10月9日(水)15時01分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
アマナ 855 +4
USMHD 972 -9
鶴弥 435 +2
ストライク 4,335 -75
オンキヨー 32 +1
★13:42  ユナイテッドスーパー-下げ幅拡大 上期営業益52%減 青果販売が低調
 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス<3222>が下げ幅拡大。同社は9日13時30分に、20.2期上期(3-8月)の連結営業益が27.2億円(前年同期比51.5%減)だったと発表した。通期の会社計画127億円に対する進ちょくは21.4%。
 7月度の天候不順により、同月の売上高が既存店前年比95.2%となったほか、野菜相場が低迷し、青果の売上高が全店前年比97.7%と低調だったことも響いた。

★13:51  ストライク-エースが「強気」継続 当面は押し目買いスタンスで臨みたい
 ストライク<6196>が3日ぶり反落。エース経済研究所では、当面は押し目買いスタンスで臨みたいとコメント。投資判断「強気」、目標株価は5000円を継続した。
 前19.8期成約組数は104組(18.8期88組)、うち売上高1億円以上の大型成約は6組(同3組)で成約単価は上昇。新規受託件数は289件(同232件)と順調に拡大、M&Aコンサルタント増員は計画以上、今後の事業拡大に拍車がかかると想定。
 今20.8期成約組数は143組(うち大型案件は4組と保守的)、新規受託件数358件、M&Aコンサルタントは23人増員を計画。営業基盤拡充に向け、前19.8期の大阪オフィス移転に続き、今20.8期は本社増床、仙台オフィスの移転を予定。1Qに投資有価証券売却益2億2500万円を計上予定。スタートアップ企業の出口戦略としてのM&Aにも注力と注目。

★14:02  鶴弥-大幅に3日続伸 瓦不足で調達難とのNHK報道を材料視
 鶴弥<5386>が大幅に3日続伸。NHKは8日、多くの住宅に被害が出た千葉県館山市などで、屋根の修理にあたる業者の職人の数が足りない上に、瓦自体も品薄になり調達が難しくなっていると報じた。
 これを受け、陶器瓦専業メーカー最大手である同社にとって業績拡大が期待できるとの思惑から買いが向かっているようだ。

★14:09  オンキヨー-小動き 英国Meridian Audio社の日本国内での販売代理店権を取得
 オンキヨー<6628>が小動き。同社は10月9日午後、メリディアン社(英国ケンブリッジ州)と、日本国内におけるオーディオ商品の販売代理店権を得ることに基本合意したと発表した。
 メリディアン社は、高級感を漂わせる美しいフォルムを持ったスピーカーをはじめとしてDACやパワーアンプなどの高級オーディオ機器で著名な英国のブランド。近年ではカスタムインストール向け商品類に定評がある。日本国内での販売代理店権を取得することで、住宅市場で提案・導入できる商品ラインナップを拡充するとした。

★14:15  アマナ-5日続伸 ドローン空撮を学ぶ「空撮技術コース powered by airvision」開始
 アマナ<2402>が5日続伸。同社は10月9日13時に、グループでドローン人材育成やドローン空撮事業を展開するアマナビ(東京都品川区)が、ドローンの利活用促進のためのサービス展開・ソフトウェア開発を行うdo(東京都千代田区)と、共同開発を進めてきたドローン空撮講習プログラム「アマナ空撮技術コース powered by airvision」を、民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIによって設立されたドローン専門トレーニングセンター UTC(Unmanned Aerial System Training Center)で開始すると発表した。より多くの空撮映像パイロットの輩出に貢献するためとしている。

★14:21  ファミリーマート-後場急落 上期純利益26%増も通期据え置きを嫌気
 ファミリーマート<8028>が後場急落。同社は9日14時、20.2期上期(3-8月)の連結純利益(IFRS)が382億円(前年同期比25.6%増)だったと発表した。通期の会社計画500億円に対する進ちょくは76.3%増。
 前年同期に不採算店の整理を進めたことから営業収益は減少したが、収益性が向上したことが寄与した。国内店舗数はの国内店舗数は1万6507店(国内エリアフランチャイザー3社計925店を含む)となった。海外事業では、東アジアを中心に7505店となり、国内外合わせた全店舗数は2万4012店となった。
 なお、株価は通期に対する進ちょくが好調なものの、業績予想を据え置いたことを嫌気した売りに押されている。

★14:36  村田製作所-4日続伸 サイバートラスト社のMCU内蔵Wi-Fiモジュールを商品化
 村田製作所<6981>が4日続伸。同社は10月9日14時に、サイバートラスト(東京都港区)が提供するセキュアIoTプラットフォーム(SIOTP)に対応したMCU内蔵Wi-Fiモジュール「Wireless MCU Modules(Type1KR、Type1KS)」を開発したと発表した。10月より量産を開始する。データの真正性とデバイスの実在性を担保し、10年以上の長期間にわたり、必要なソフトウェアのアップデートを適切に行うことが可能。
小林

最終更新:10月9日(水)15時01分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン