ここから本文です

<新興国eye>ベトナム1-9月期のFDI認可額、前年同期比3.1%増―日本4位

10月9日(水)16時31分配信 モーニングスター

 ベトナム計画投資省海外投資局(FIA)が発表した海外直接投資(FDI)に関するデータによると、19年1-9月期のFDI認可額(推定値)は前年同期比3.1%増の261億6438万ドル(約2.83兆円)だった。

 また、同期の実行額(推定値)は前年同期比7.3%増の142億2000万ドル(約1.54兆円)となっている。

 新規認可案件数は前年同期比26.4%増の2759件で、認可額は同22.3%減の109億7339万ドル(約1.2兆円)。追加認可案件数は同23.3%増の1037件で、認可額は同13.6%減の47億8976万ドル(約5200億円)だった。

 認可額を業種別で見ると、最も多いのは製造の180億8971万ドル(約1.95兆円)で、全体の69%を占めた。続いて、不動産27億6822万ドル(約3000億円)、卸売・小売、自動車・バイクの修理14億335万ドル(約1520億円)などの順となっている。

 国別認可額では、香港が58億8862万ドル(約6400億円)で全体の22.5%を占め、トップをキープ。また、韓国が認可額46億2137万ドル(約5000億円)で2位、シンガポールは認可額37億7315万ドル(約4100億円)で3位、日本は認可額30億6734万ドル(約3313億円)で4位、中国は認可額30億6728万ドル(約3312億円)で5位だった。

 地方別で1位はハノイ市の61億4750万ドル(約6600億円)で全体の23.5%を占めた。2位はホーチミン市の45億1873万ドル(約4900億円)、3位は東南部地方ビンズオン省の25億2363万ドル(約2730億円)となっている。

【筆者:Viet Economic Research&Advisory Corp.(VERAC)】
2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株・経済情報」「VIETJOベトナムニュース」、「VIETJOライフ」の自社媒体を通じ、経済、金融情報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業約760社の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは70万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査に強み。

*当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月9日(水)16時31分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン