ここから本文です

中国本土市場・大引け概況:値下がり、米中通商協議の不透明感強まる

9月23日(月)17時16分配信 フィスコ

23日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比29.37ポイント(0.98%)安の2977.08ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、30.84ポイント(0.98%)安の3118.79ポイントで取引を終えている。

米中通商協議の不透明感が重し。米中は19日、次官級の貿易交渉を開始したが、中国側は当初予定していた米農家の視察をキャンセルし、予定よりも早く20日に帰国した(中国農業農村部の韓俊副部長は21日、「貿易協議とは関係がない」とコメント)。また、中国が示した米農産品の購入量に対し、トランプ米大統領は「不十分」として再考を求めたとも伝わっている。閣僚級の会合を10月初旬に控え、協議は難航するとの見方が浮上した。

金融株が下げを主導。招商銀行(600036/SH)が1.4%安、中国太平洋保険(601601/SH)が2.0%安、華泰証券(601688/SH)が1.9%安で取引を終えた。不動産株も安い。金地集団(600383/SH)が2.5%下落した。足元で物色されていたインフラ関連株も急反落している。このほか、消費関連株、自動車株、医薬品株、運輸株、公益株なども売られた。

半面、半導体株の物色は続く。フラッシュメモリなど製造の北京兆易創新科技(603986/SH)がストップ高、指紋認証ICなどの深セン市匯頂科技(603160/SH)が6.3%高、IC設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が3.3%高で引けた。それぞれ、上場来高値を更新している。

一方、外貨建てB株は値下がり。上海B株指数が0.27ポイント(0.10%)安の273.07ポイント、深センB株指数が2.80ポイント(0.30%)安の944.11ポイントで終了した。

【亜州IR】

《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月23日(月)17時16分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン