ここから本文です

中東リスクと米中貿易戦争への懸念継続。米ドル/円、豪ドル/円の戻り売りが良さそう

9月23日(月)15時16分配信 ザイFX!

※誘導目標レンジの上限を掲載
拡大写真
※誘導目標レンジの上限を掲載
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
ユーロ/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
ユーロ/円 日足 (出所:Bloomberg)
WTI原油先物 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
WTI原油先物 日足 (出所:Bloomberg)
米ドル/円 日足 (出所:TradingView)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:TradingView)
世界の通貨VS円 日足 (出所:ザイFX!)
拡大写真
世界の通貨VS円 日足 (出所:ザイFX!)
■金融政策よりも米中、有事リスクで動く相場に

大橋ひろこ:
先週(9月16日~)はFOMC(米連邦公開市場委員会)、そして日銀の政策発表がありました。FOMCは25bp(0.25%)利下げ、日銀は追加緩和に動かず、どちらも想定どおりです。

西原宏一:
先々週(9月9日~)には、ECBが利下げや量的緩和などの包括的な追加金融緩和を決定し、米国と欧州は緩和方向。日本だけが現状維持ですから、相対的にホーキッシュ(タカ派的)となります。円高方向に動きやすくなるのでしょう。

大橋ひろこ:
FOMCでは年内の利下げ打ち止めの可能性も示唆されたことで、直後の反応は株安・米ドル高に。

ただ、週末間際に「中国代表団、米農家の視察を中止」とのニュースが出たことからリスクオフ的な方向で終わっています。金融政策よりも米中貿易戦争や中東の有事リスクに引っ張られる相場のようですね。

■米中貿易戦争は来年までもつれそう…

西原宏一:
ECB(欧州中央銀行)は満額回答、FOMCも予想どおりとはいえ、もう少しボラティリティが出てもいいのですが、動かなかったですね。

やはり今の相場は米中貿易戦争、そして有事リスクが中心テーマなのでしょう。

大橋ひろこ:
米中絡みでは、米大統領選を意識して米中が「部分合意」するのではとの観測が高まりました。

ところが、トランプ米大統領が「部分合意ではだめだ」と全否定。「大統領選前に中国と合意する必要はない」とも話しています。来年(2020年)までもつれるのでしょうか。

西原宏一:
このままではそうなってしまいますね。

大橋ひろこ:
10月1日(火)は中国の建国70周年記念イベントが控えています。それまでは、トランプ砲も出ないとは思うのですが……。

■高まる中東リスク。「原油は怖くてショートできない」

西原宏一:
サウジアラビアの石油施設攻撃で一時急騰した原油価格はどうですか? 

大橋ひろこ:
今のところ、大きなリスクオフ材料とはなっていませんが、関係者の間では原油に対して上方向の見方が増えています。

サウジアラビアの鉄壁の防衛体制をおもちゃのようなドローンですり抜けられるのは衝撃だったようで、ある原油トレーダーは「怖くてショートできない」と。

西原宏一:
原油が上がればオイルマネーは潤いますし、アメリカも世界最大の産油国でありとくに困らない。困るのは中国です。そう考えると、本当にフーシ派の反抗なのか、うがった見方をしたくもなりますね。

大橋ひろこ:
犯行声明を出しているフーシ派ですが、「攻撃の相互停止を要請」との報道も出ています。これをどう解釈すればいいのか、判断が難しいですね。

■米ドル/円、豪ドル/円の戻り売りが良さそう

大橋ひろこ:
今週(9月23日~)の戦略はどう考えますか? 

西原宏一:
先週(9月16日~)の動きを振り返ると、週明け(9月16日)はサウジアラビアへの攻撃のニュースで東京勢がいない中、米ドル/円は107.50円割れへ。

そこから反転して、108.50円手前まで戻してから、米中がらみのニュースで再び107.50円を試す動きとなっています。

西原宏一:
今年(2019年)の高値と安値の50%戻しが108.40円近辺。ちょうど真ん中まで戻したことになります。ここには輸出の売りがあるようで上値は重い。方向としては円高なのでしょう。

大橋ひろこ:
今週(9月23日~)は国連総会にあわせて、9月25日(水)に日米首脳会談が開催されます。

日米の貿易合意が今月(9月)中にも発表される見通しのようです。懸念された為替条項の話も出ていませんし、日本にとっては好材料ですね。

西原宏一:
いずれにせよ、NYダウは2万7000ドル台で定着するこができず反落し、日経平均も昨年(2018年)来の高値と安値の61.8%付近で止められた展開。

株価が下がれば、上値の重い米ドル/円も下がってくるのでしょう。米ドル/円、あるいは株価が下がるのであればクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)、とくにオセアニア通貨と円の通貨ペアでの売りでいいのでしょう。

大橋ひろこ:
9月25日(水)はニュージランドの政策金利発表です。

西原宏一:
今回は据え置きの見通し。利下げするとすれば11月でしょう。今週(9月23日~)は米ドル/円、あるいは豪ドル/円の戻り売りでいいと思います。

(構成/ミドルマン・高城泰)
FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議

最終更新:9月23日(月)15時16分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 決算速報

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン