ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも続落(23日午前)

9月23日(月)23時33分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週明け23日午前のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の行方をめぐる不透明感を背景に続落している。午前10時10分現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前週末終値比74.46ドル安の2万6860.61ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が25.62ポイント安の8092.05。
 米中両国は20日、2日間にわたる次官級の貿易協議を終えたが、米農産物の輸入拡大をめぐり、トランプ米大統領は中国の譲歩姿勢が不十分だと不満を表明。翌週に予定されていた中国代表団による米農家視察の中止が報じられた。トランプ氏は「部分合意ではなく完全な合意を望む」と述べており、米中歩み寄りへの期待が後退し、この日も弱地合いが継続している。
 このほか、IHSマークイットが23日発表した9月のユーロ圏総合購買担当者景況指数(PMI)速報値は50.4と、前月の51.9から大きく低下。一方、米国の総合PMIは51.0となり、前月の50.7を小幅に上回った。
 個別銘柄を見ると、中国事業への依存度が高いキャタピラー、ボーイング、スリーエム(3M)が全体の下げを主導。主要ハイテク企業、金融大手も軟調に推移している。(了)

最終更新:9月24日(火)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン