ここから本文です

個人投資家・有限亭玉介:注目中のゲーム株とその他の個別株【FISCOソーシャルレポーター】

9月21日(土)10時00分配信 フィスコ

現在値
ジェネパス 576 -5
日本一ソフ 1,831 +32
gumi 694 ---
チームスピ 1,620 +54
中外薬 8,300 -20
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2019年9月17日11時に執筆


株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『注目中のゲーム株とその他の個別株』というテーマで寄稿させて頂きますよ。

さて、あたくしのブログでは日々「気になる銘柄」をピックアップし、その後の値動きに対する私観を交えた実況中継などを掲載しております。当記事ではここ最近注目した個別株についてザックリではありますが、ご紹介させて頂きます。

まず紹介させて頂きますのは、日本一ソフトウェア<3851>です。PS4やニンテンドースイッチ向けゲームソフトや、スマートフォン向けゲームを展開しております。8月9日に発表された1Q決算では経常利益をみると前年同期に比べ減益着地となりましたが、上期の目標値は既に上回っており、これを受けて株価は高騰する形となりました。

一目均衡表(日足)では決算後の高騰で雲を上抜け、その後は緩やかに上昇トレンドを継続しています。今後はフォワードワークスと共同開発するスマホゲーム「魔界戦記ディスガイアRPG」のサービス開始が予定されている11月に、市場がどう反応するか業績とともに注視していきます。

2つ目の銘柄はオンラインゲーム事業や、ブロックチェーンのテーマ性も持つgumi<3903>です。9月6日に発表された1Q決算では経常利益をみると前年同期の赤字から黒字転換しています。スクウェア・エニックス・HD<9684>と共同開発した「ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス」が堅調に推移し業績に寄与したようです。

同社はVRのゲーム開発から、VTuberの主力企業へも積極的に投資を行っており、新たなコンテンツへの探求継続による、先進的な製品を生み出していく事への期待もありますな。チャートは決算後に窓を開けて急騰しましたが調整しており、25日線が下値サポートに付けば、下値を切り上げるか…と、監視していきます。

3つ目の銘柄は「リコメン堂」などのECサイトを運営するジェネレーションパス<3195>です。ファミリーマート<8028>の業務提携に伴う新規EC事業や、中国子会社や新しく設立するベトナム子会社等での越境EC事業も進めております。

9月13日に発表した3Q時点での決算では新規事業への投資が響き経常損失は赤字だったものの、前年同期に比べ赤字幅は縮小しています。翌四半期以降は投資の分の利益寄与が徐々に見られるのではと期待しております。チャートは7月より下落トレンドですが、中国子会社である青島新綻紡貿易の新規顧客獲得数が拡大し、前年比60%以上の増収で推移している為、底値と見た折には拾っていきたいです。

4つ目の銘柄は創薬ベンチャーのオンコリスバイオファーマ<4588>です。がんのウイルス療法テロメライシンについて独自に研究開発を進めております。8月2日に皮膚がんの一種であるメラノーマの臨床試験を、競合や医療現場ニーズの充足を踏まえ、終了するとの発表をしました。加えて、欧米での免疫チェックポイント阻害剤併用を主体とした試験へ戦略的に注力する方針へ変更する模様です。

同日8月2日に発表の上期決算は、中外製薬<4519>の契約一時金等を計上し前年同期より赤字幅縮小で着地しました。一目均衡表(日足)では雲から下抜け後、横ばいですが、財務の改善や経営方針転換の成果に期待したいところです。

5つ目の銘柄はチームスピリット<4397>です。SaaS(Software as a Service)による働き方改革プラットフォームであるTeamSpiritを提供しています。サブスクリプションビジネスで順調に契約数を増やしており、それに伴い売上も拡大傾向のようです。

7月11日の決算発表後、業績好調だったものの、通期予想に対しての進捗率の低さを不安視され、株価は大幅に下落。一目均衡表(日足)では上値が厚い雲に覆われ、現在は雲の下限をなぞる形になっております。同社は今後、グローバル対応やデータを活用した働き方改革のサービス拡充を行う方針で、10月11日の決算まで市場の期待は高まっていくのではと見ております。

最後の銘柄は識学<7049>です。今年2月に上場した同社は、識学という独自の理論でマネジメントにおけるコンサルティングサービスを提供しております。7月22日には識学を導入する企業同士が、M&Aや資本提携でマッチングできるサービス「識学マッチングプラットフォーム」の無償提供を発表しました。

業績は堅調に推移しておりますが、日足チャートは7月より25日線の上値抵抗線に抑えられる形で下落傾向。8月5日には上場来安値となる1,300円をつけていますが、目先はその抵抗線を上抜けるか…といったところ。今後は同社の顧客拡大・堅調な業績が続くか注視したいところです。

と…ここでご紹介できるのはスペースの関係もあり、以上ではありますが…他にも「注目すべき」とする銘柄は沢山ございます。お時間がありましたらブログを検索して頂ければ幸甚です。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:9月21日(土)10時00分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン