ここから本文です

米国市場サマリー(20日)☆2

9月21日(土)9時04分配信 時事通信

【債券】長期金利、低下=10年債利回りは1.73%
 米中貿易協議をめぐる不透明感の高まりから安全資産である債券が買われ、長期金利は低た。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.06%ポイント低下の1.73%。30年債利回りは0.06%ポイント低下の2.17%、2年債利回りは0.05%ポイント低下の1.69%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0157%ポイント低下の1.9149%。
 10年債利回りは1.79%台で取引を開始。中盤に1.77%台まで水準を下げた後、中国代表団をめぐる報道を受けて下げ足を速めた。
 
【石油先物】WTI、小反落
 NYMEXの原油先物相場は、米中貿易協議の行方に警戒感が広がり小反落。この日納会を迎えた米国産標準油種WTI10月物の清算値は、前日比0.04ドル安の1バレル=58.09ドル。11月物は0.10ドル安の58.09ドル。(続)

最終更新:9月21日(土)11時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン