ここから本文です

JASDAQ平均は11日連騰、出遅れ感などから買い続く/JASDAQ市況

9月20日(金)16時56分配信 フィスコ

JASDAQ平均は11日連騰、出遅れ感などから買い続く

現在値
夢の街創造 996 -173
セリア 2,715 +73
クラスタT 559 +7
ユニバE 3,555 +55
ズーム 1,631 +16
JASDAQ平均:3369.97 (+4.39)
出来高:6002万株
売買代金:394億円
J-Stock Index:3053.69 (+21.33)


 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は11日続伸し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに3日続伸した。値上がり銘柄数は328(スタンダード307、グロース21)、値下り銘柄数は250(スタンダード239、グロース11)、変わらずは71(スタンダード67、グロース4)。 本日のJASDAQ市場は、前日の米国市場ではNYダウが反落したものの、日米の金融政策イベントを通過したアク抜け感によって日経平均が続伸したことから、個人投資家マインドは改善。JASDAQ市場にも買いが波及し、JASDAQ平均は11連騰を演じた。経済協力開発機構(OECD)が世界経済の成長率見通しを下方修正するなか、日本の成長率見通しを上方修正したことなどもサポート材料になったと思われる。また、指数寄与度の高いワークマン<7564>、セリア<2782>、ユニバーサル<6425>など時価総額上位銘柄が上伸したことなどもプラスに働いたとみられる。ただ、三連休を控えているほか、一本調子の上昇に対する警戒感もくすぶっており、買い一巡後は上値の重い展開を強いられた。 個別では、前日に新規上場したアミファ<7800>が前日比150円(+17.88%)高の989円、値動きの軽さから値幅取りの動きが強まったクラスターT<4240>は前日比80円(+17.32%)高の542円とともにストップ高まで買われた。また、子会社株式の譲渡による特別利益の計上およびこれに伴う業績の上方修正が好感されたAKIBA<6840>も8%超と大きく上伸した。この他では、夢の街創造委員会<2484>、ズーム<6694>、クレオ<9698>、文教堂HD<9978>、イマジニア<4644>などが値上がり率上位にランクインした。 一方、5日移動平均線を下回ったシンクレイヤ<1724>が前日比122円(-10.58%)安の1031円と続落した。その他では、ジョルダン<3710>、リバーエレテク<6666>、サンデー<7450>、プロルート<8256>、SAMURAI<4764>、アスコット<3264>、アイビー<4918>などが値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、セプテーニHD<4293>、夢真HD<2362>、メイコー<6787>などが値を上げた。
株式会社フィスコ

最終更新:9月20日(金)17時00分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン