ここから本文です

<米国株情報>フェデックス、第1四半期決算は純利益11%減―米中貿易摩擦激化の影響で

9月20日(金)10時27分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,590 -50
野村 NYダウ30種ETF 28,140 -60
P500米株 3,520 -5
P500 ETF 32,350 -100
SAM NYダウETF 25,890 -270
 物流大手フェデックス<FDX>が17日夕に発表した20年5月期第1四半期(19年6-8月)決算は、売上高が前年比横ばいの170億5000万ドルにとどまり、純利益は同11%減の7億4500万ドル、希薄化後1株当たり利益(EPS)は同8%減の2.84ドルと、大幅減益となった。年金関連費用などの一時的項目を除いた調整後EPSは同12%減の3.05ドルで、売上高、同EPSともに市場予想を下回った。

 フレデリック・スミス会長兼CEO(最高経営責任者)は、「(米中)貿易摩擦の激化などによる世界的なマクロ経済の減速が業績に悪影響を及ぼし続けている」と述べた。

 また、20年5月期の利益予想は調整後EPSを11-13ドルとしたが、市場予想の14.68ドルを下回った。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:9月20日(金)10時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン