ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、反発=ナスダックも高い(20日午前)

9月20日(金)23時36分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週末20日午前のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展期待などを背景に反発している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時現在、前日終値比54.11ドル高の2万7148.90ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は6.82ポイント高の8189.70。
 米中両国による次官級の貿易協議が、19日に始まった。トランプ米大統領は中国による米農産物の輸入拡大などを中心とした「暫定合意」を検討する可能性を示唆。また、中国代表団も来週米国の農家を視察する見通しで、両国が融和姿勢を演出する中、10月の閣僚級協議に向けた期待が広がっている。
 欧州中央銀行(ECB)や米連邦準備制度理事会(FRB)に続き、中国人民銀行(中央銀行)がこの日、2カ月連続で実質的な「利下げ」に踏み切ったことも、世界的な景気減速懸念を後退させ、株価を支えている。
 個別銘柄では、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが1.7%高、ファイザーは1.5%高、メルクは1.3%高。一方、ウォルト・ディズニーやボーイングは軟調に推移している。(了)

最終更新:9月21日(土)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン