ここから本文です

〔NY外為〕円、108円近辺(20日朝)

9月20日(金)22時21分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週末20日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、新規の手掛かり材料不足の中、1ドル=108円近辺で小動きとなっている。午前9時現在は107円90銭~108円00銭と、前日午後5時(108円01~11銭)比11銭の円高・ドル安。
 ニューヨーク市場は107円94銭で取引を開始。日米の金融政策会合を終え、日米金利差に着目した売り買いに一服感が広がり、こう着状態となっている。この日は主要な米経済指標の発表もなく、動意に乏しい。
 市場の注目材料は、米中両政府が19日からワシントンで開催している次官級貿易協議の行方。10月上旬に予定されている閣僚級協議に向け進展があるのかどうか見極めたいとの思惑が広がっている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1020~1030ドル(前日午後5時は1.1035~1045ドル)、対円では同118円90銭~119円00銭(同119円26~36銭)。(了)

最終更新:9月21日(土)0時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン