ここから本文です

スウェーデン中銀副総裁、年末前後の利上げ予想に懐疑的

9月20日(金)20時06分配信 ロイター

 9月20日、スウェーデン中央銀行のヤンソン副総裁、中銀が予定通り年末か来年初に利上げするほど経済は強くない可能性があると述べた。写真はスウェーデン中銀の建物入り口。2016年8月12日、ストックホルムで撮影(2019年 ロイター/Violette Goarant)
拡大写真
 9月20日、スウェーデン中央銀行のヤンソン副総裁、中銀が予定通り年末か来年初に利上げするほど経済は強くない可能性があると述べた。写真はスウェーデン中銀の建物入り口。2016年8月12日、ストックホルムで撮影(2019年 ロイター/Violette Goarant)
[マルメ 20日 ロイター] - スウェーデン中央銀行のヤンソン副総裁は20日、中銀が予定通り年末か来年初に利上げするほど経済は強くない可能性があると述べた。

ヤンソン氏は、会合の合間に、中銀の利上げ予想に対し懐疑的な見方を強めていると記者団に語った。

同氏は、今月4─5日の政策決定会合で、年末前後の利上げに難色を示していたことが議事要旨で明らかになっている。[nL3N2682AJ]

米中貿易戦争や英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性などの懸念材料や景気減速にもかかわらず、中銀は5日の会合終了後、年末前後の利上げ予想を維持すると表明した。

ヤンソン氏は「利上げに対する懐疑的見方は、政策決定会合の時よりもいまの方が強い」とし「リスクを巡る状況は悪い。基本的に上振れリスクは皆無だ」と述べた。

政策決定会合後に発表されたインフレや雇用の指標は弱い内容で、政策金利は当面据え置きという市場の見方を裏付けている。

ヤンソン氏は、見通しに対する懸念を強めていると語った。ただ、利上げ計画を白紙にしたり利下げを視野に置く「地点には少し距離がある」と述べた。

「メーンシナリオは悲惨というわけではないが、より深刻な悪化の可能性はあり、それをわれわれは考慮に入れ、対応を考えておかなくてはならない」と述べた。

厳しい外部環境にもかかわらず、スウェーデン経済は順調に推移していたが、今年に入り減速が鮮明となり、第1・四半期、第2・四半期ともに前期比で0.1%成長にとどまった。

最終更新:9月20日(金)20時10分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン