ここから本文です

19日の主な要人発言(時間は日本時間)

9月20日(金)5時10分配信 トレーダーズ・ウェブ

19日11:51 日銀声明
「当分の間、少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利水準を維持」
「物価モメンタムが損なわれる恐れ高まれば躊躇なく追加緩和措置を講じる」
「物価安定の目標に向けたモメンタムが損なわれる恐れについて、より注意が必要な情勢になりつつある」

19日12:40 西村経済再生相
「世界経済の先行きや海外リスクに不透明感がある」
「必要であれば財政出動など躊躇なく対応を考えたい」

19日15:35 黒田日銀総裁
「景気の現状、海外減速の影響をみられるも緩やかに回復」
「少なくとも2020年春頃まで現在の極めて低い長短金利を維持」
「(欧米の政策金利変更について)どの国も自国経済安定のために金融政策を運営している」
「(さえない日本の指標にもかかわらず変更がなかったことについて)海外経済の減速が続き回復の兆しが見えないことで、輸出や生産に現れている。消費や設備投資は比較的に安定。内需は堅調。全体としてみた時は経済と物価を判断し、経済の先行きが後退することはないと判断」
「(FRBと比べて日銀は金融緩和の余地が少ないことについて)単純に名目金利を比較すると、FRBと比べると少ないかもしれない。しかしECBと比較すると金融緩和の余地がある」
「金融緩和は前回会合より前向きになった」
「適切なイールドカーブになるように必要な調整を行うことになる」
「追加緩和の場合でも、大きな変更が必要だとは思っていない」

19日16:32 スイス国立銀行(SNB)声明
「スイスフランは貿易加重平均で上昇しており、依然として高く評価されている」
「為替市場の状況はなおぜい弱」
「SNBは必要に応じて為替市場で引き続き活動する」

19日19:43 トランプ米大統領
「米連邦準備理事会(FRB)の動きは嬉しくはないが、パウエルFRB議長の職は安全だ」
「パウエルFRB議長はどうやって戦うかを知らない」
「FRBの利上げは早急すぎだった」
「FRBは他の中銀がするように、もっと利下げをするべきだ」

19日19:50 クーレECB理事
「財政政策が金融政策の重荷を取り除くために必要だ」

19日20:00 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
「0.75%の政策金利の据え置きを9対0で決定。資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定した」
「第3四半期GDP見通しを0.3%から0.2%へ下方修正」
「今年のインフレは2%を下回る水準を維持するだろう」
「根本的な英成長は減速しているが、わずかにポジティブ」
「ブレグジットの不確実性は製造業の成長を弱めている」
「円滑なブレグジットおよび世界経済が回復すれば、利上げは限定的で段階的ながらも必要だろう」

19日20:29 ロス米商務長官
「中国の通商交渉は大豆だけとは違いもっと複雑だ」

19日22:07 南ア準備銀行(SARB)
「2020年のGDPは1.5%と予測(7月予測1.8%)」
「2021年のGDPは1.8%と予測(7月予測2.0%)」
「ここ最近の輸出と製造業の経済指標は悪化している」
「投資家は南ア国内の成功見込みと財政リスクを懸念している」

19日22:15 クガニャゴ南アフリカ準備銀行(SARB)総裁
「将来の金融政策はデータ次第」
「インフレ見通しのリスクは均衡している」
「短期的な成長見通しのリスクは均衡している」

20日02:10 ユンケル欧州委員長
「我々はブレグジットを巡り合意できる」
「アイルランド国境問題の解決策『バックストップ(安全策)』削除の準備をしている」
「10月31日までに合意できると考える」

※時間は日本時間
中村

最終更新:9月20日(金)5時10分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・ ウェブ FX

トレーダーズ・ ウェブ FX

DZHフィナンシャルリサーチ

FXトレーダーの注目を集める
リアルタイムオーダーはこちら!

月額2,000円(税別)

トレーダーズ・ウェブでは、FXトレーダー注目の「オーダー情報」はもちろん、トレーディングに役立つ豊富な情報が無料でご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン