ここから本文です

【本日の材料と銘柄】中国ファーウェイ、AI開発で投資5割増

9月19日(木)11時13分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
フロンテオ 327 +6
ソーバル 1,134 +4
システナ 1,573 -21
NID 1,285 +1
PKSHA 4,130 -100
18日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は、外部の企業や技術開発者との連携に使う資金を5割積み増し、今後5年間で15億ドル(約1600億円)を投じると発表したことが一部メディアによって報じられている。投資資金はAIを活用した通信用機器やサービスの性能向上に使う方針。米国の制裁を受けスマートフォン販売が減速する見通しのなか、通信会社や法人向けの事業をテコ入れすることが狙いのようだ。

<2158> FRONTEO{証拠開示のデータ収集分析などコンピューター解析事業が主力}
<2186> ソーバル{組み込みソフトの受託開発、技術者派遣が主力}
<2317> システナ{モバイル端末向けソフト開発を支援}
<2349> エヌアイデイ{システム開発、ネット運用が中心}
<3993> PKSHA{画像認識・自動対話を可能にするアルゴリズム開発が軸}
※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月19日(木)16時59分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン