ここから本文です

前場に注目すべき3つのポイント~日経平均は22000円固めへ

9月19日(木)8時47分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
ダイセキ環 762 -2
石原ケミ 1,584 -6
DMG森精 1,571 +39
三菱重 4,309 +103
トヨタ 7,269 +161
19日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:日経平均は22000円固めへ
■前場の注目材料:ダイセキソリュ、20/2期上方修正、営業利益10.4億円←9.0億円
■トヨタ<7203>米テキサス工場に投資、3億9100万ドル


■日経平均は22000円固めへ

19日の日本株市場は、堅調な展開が見込まれよう。18日の米国市場はまちまちながら、NYダウは36ドル高と小幅に上昇。注目されていた米連邦公開市場員会(FOMC)では、大方の予想通り、FF金利の誘導目標を25ベーシスポイント引き下げることを決定した。連銀高官の間で利下げへの意見が分かれたことが明らかとなり、年内の追加利下げを想定していないとの見方から不安定な展開だったが、市場の反応が限定的だったともみられ、一先ずイベント通過に伴うアク抜けが意識される。シカゴ日経225先物清算値は大阪比110円高の21910円。円相場は1ドル108円40銭台で推移している。

米国の年内の追加利下げへの見方が後退する格好だが、言い換えれば、貿易摩擦や世界経済の減速は警戒されるものの、現在の米国経済はそれ程悪くないといったところであろう。世界的な金利低下の連鎖といったバイアスが和らぐことで、市場も落ち着きを取り戻してくることが期待される。シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買いが先行すると考えられ、日経平均は22000円を回復し、その後はこう着ながらも22000円を固める相場展開に期待したいところである。

昨日の日経平均は反落とはなったが、日中は22000円を挟んでの狭いレンジ取引であり、日経平均の値動きとしては底堅さが意識されていた。外部要因から楽観視はできないとはいえ、これまでの弱気なセンチメントによって日経平均が足元でリバウンドをみせているものの、ポジションはロングには大きく傾いていないと考えられる。海外勢の買い越し基調も表れてきている状況でもあり、バリュー株への見直しも意識されやすいところであろう。

一方で個人主体の中小型株物色は資金の逃げ足が速く、物色対象も日替わりといったところである。本日はIPOが2社あることもあり、より需給面での不安が銘柄として資金が集中しやすいところであろう。


■ダイセキソリュ、20/2期上方修正、営業利益10.4億円←9.0億円

ダイセキソリュ<1712>は2020年2月期業績予想の修正を発表。弥富リサイクルセンターの稼働率は対前年比で15%増加し、年初に稼働した横浜恵比須リサイクルセンターは概ね計画値で推移。利益率が想定より改善したことで、営業利益は従来の9.0億円から10.4億円に上方修正している。


■前場の注目材料
・NYダウは上昇(27147.08、+36.28)
・シカゴ日経225先物は上昇(21910、大阪比+110)
・1ドル108円40-50銭
・SOX指数は上昇(1600.95、+1.21)
・VIX指数は低下(13.95、-0.49)
・米長期金利は低下
・株安局面での自社株買い
・日銀のETF購入
・欧州中央銀行(ECB)が追加緩和再開

・DMG森精<6141>印ラクシュミに立型MC生産委託、11月から
・石原ケミカル<4462>キザイ買収、表面処理剤を強化
・曙ブレーキ<7238>山陽など6工場閉鎖・売却、事業再生ADR成立
・トヨタ<7203>米テキサス工場に投資、3億9100万ドル
・NOK<7240>オイルシールなど値上げ、最大10%
・三菱重<7011>ESG投資指標銘柄に選定


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・日銀金融政策決定会合(最終日)
・月例経済報告

<海外>
・10:30 豪・8月失業率(予想:5.2%、7月:5.2%)
・10:30 豪・8月雇用者数増減(予想:+1.5万人、7月:+4.11万人)

《SF》
株式会社フィスコ

最終更新:9月19日(木)8時56分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン