ここから本文です

<米国株情報>ロウズ、ウェドブッシュ証券が投資判断を引き上げ

9月19日(木)10時30分配信 モーニングスター

現在値
野村 NASDAQ-100ETF 8,510 +160
野村 NYダウ30種ETF 27,880 +440
P500米株 3,470 +65
P500 ETF 31,800 +550
SAM NYダウETF 25,680 +430
 ウェドブッシュ証券が16日付の顧客向けリポートで、ホームセンターチェーン大手ロウズ・カンパニーズ<LOW>の投資判断を「ニュートラル」(中立)から「アウトパフォーム」(買い推奨)に、目標株価を115ドルから135ドルに引き上げた。米経済情報専門サイトのマーケットウォッチが伝えた。

 ロウズのマービン・エリソンCEO(最高経営責任者)が発表した成長プランにより、顧客向けサービスの向上や価格設定、販売促進などを通じて売上が拡大し始めたとしている。

 また、労働生産性が上昇し始めたことで今後3年間のうちに営業経費が横ばいとなる予想。「強気シナリオでは利益率が2.5ポイント改善する可能性がある」とした。

 ロウズの株価は8月下旬に3カ月ぶりに110ドル台を回復。9月10日には116ドルに急接近し、4月17日に付けた52週高値118.23ドルをうかがう水準まで上昇した。足元では110ドル台で値固めの展開。18日終値は前日比0.12%安の112.60ドルとなっている。

<関連銘柄>
 NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、
 SPD500 <1557> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、
 NYダウベア <2041>

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)10時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン