ここから本文です

日経平均は210円程度高、買い一巡後も堅調な展開=19日寄り付き

9月19日(木)9時26分配信 モーニングスター

現在値
三菱UFJ 555.3 +8.3
三井住友F 3,759 +17
大和証G 495.3 +11.9
野村HLD 491.2 +7.7
第一生命H 1,754 +17
 19日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比210円程度高い2万2170円前後で推移する。きのう18日は11日ぶりに反落したものの、底堅く推移。現地18日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が、政策金利の0.25%引き下げを決定したが、ドル・円相場が落ち着いた動きをみせていることもあり、買いが先行した。寄り付き後には、株価指数先物に断続的な買いが入ったことをきっかけに上げ幅を広げ、午前9時8分には、同216円61銭高の2万2177円32銭を付けた。買一巡後も堅調な動きが続いている。シカゴ日経平均先物の清算値は、18日の大阪取引所終値比110円高の2万1910円だった。

 業種別では、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株や、第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株が上昇。大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券商品先物株や、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株も高い。三井不 <8801> 、三菱地所 <8802> などの不動産株や、オリエンタルランド(OLC) <4661> 、リクルートH <6098> などのサービス株も堅調。帝人 <3401> 、東レ <3402> などの繊維株や、大林組 <1802> 、大和ハウス <1925> などの建設株も上げている。

 個別では、曙ブレーキ <7238> 、巴川紙 <3878> 、ピックルス <2925> 、JESHD <6544> 、クワザワ <8104> などが上昇。半面、PLANT <7646> 、アイル <3854> 、サニックス <4651> 、綿半HD <3199> 、芦森工 <3526> などが下落している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=108円台の半ば(18日終値は1ドル=108円19-20銭)、1ユーロ=119円台の半ば(同119円60-64銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)9時26分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン