ここから本文です

19日の東京株式市場見通し=反発後、堅調な展開か

9月19日(木)7時47分配信 モーニングスター

現在値
コマツ 2,488 +18
キーエンス 67,070 +630
サイババズ 3,920 +70
アミファ 1,130 -33
任天堂 38,610 -450
 予想レンジ:2万1900円-2万2200円(18日終値2万1960円71銭)

 19日の東京株式は反発後、堅調な展開か。きのう18日の日経平均株価は11日ぶりに反落したものの、17日終値近辺でもみ合う時間帯が長く、比較的底堅い展開だった。現地18日の米国株式が、利下げ後のパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言を受け、落ち着きを取り戻していることもあり、買いが先行しそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=108円台の半ば(18日終値は108円19-20銭)、ユーロ・円が1ユーロ=119円台の半ば(同119円60-64銭)で推移。米利下げ後も、ドル・円相場がやや円安方向にあることも支えとなりそう。ただ、日銀決定会合の内容を確認したいとして、模様眺めムードが広がる可能性もある。

 18日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、コマツ <6301> 、キーエンス <6861> 、任天堂 <7974> などが、18日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、18日の大阪取引所終値比110円高の2万1910円だった。(高橋克己)

19日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・13:30 7月全産業活動指数
・黒田日銀総裁会見
・基準地価公表
・IPO(新規上場)=サイバー・バズ <7069> (マザーズ)、アミファ <7800> (ジャスダック)

【海外】(時間は日本時間)
・21:30 米4-6月期経常収支、米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数
・23:00 米8月CB景気先行総合指数、米8月中古住宅販売件数
・インドネシア中銀政策金利発表
・米10年インフレ連動国債入札
・英国金融政策発表

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン