ここから本文です

日経平均が反発スタート、きのうの下げ渋る動きや為替の落ち着きなどで買いが先行=19日寄り付き

9月19日(木)9時03分配信 モーニングスター

 19日の日経平均株価は、前日比103円75銭高の2万2064円46銭と反発してスタート。きのう18日は11日ぶりに反落したものの、底堅く推移。現地18日にFOMC(米連邦公開市場委員会)が、政策金利の0.25%引き下げを決定したが、ドル・円相場が落ち着いた動きをみせていることもあり、買いが先行したようだ。シカゴ日経平均先物の清算値は、18日の大阪取引所終値比110円高の2万1910円だった。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=108円台の半ば(18日終値は1ドル=108円19-20銭)、1ユーロ=119円台の半ば(同119円60-64銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)9時03分

モーニングスター

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン