ここから本文です

ピックルスが急騰し上場来高値を更新、第2四半期・通期業績予想の上方修正を好感

9月19日(木)9時24分配信 モーニングスター

現在値
ピックルス 2,751 +39
 ピックルスコーポレーション <2925> が急騰し、一時177円高の2640円を付け、7月8日の上場来高値2540円を更新している。18日引け後に20年2月期第2四半期累計(19年3-8月)および通期の連結業績予想を上方修正し、好感されている。

 第2四半期累計業績予想は、売上高が213億3200万円から215億3700万円(前年同期比3.1%増)、営業利益が9億1500万円から13億8900万円(同52.1%増)に引き上げられた。売上高はおおむね予想通りの見込みで、利益面では原料野菜の仕入価格が安定したほか、佐賀工場が稼働から1年経過し製造効率が改善したことにより、利益を押し上げる。

 通期業績予想では、売上高が425億1300万円から427億1600万円(前期比5.0%増)、営業利益が15億8000万円から18億5300万円(同31.5%増)に上積みされた。上期実績を考慮したうえで、第3四半期(19年9-11月)以降に予定しているご飯がススムキムチ発売10周年を記念した広告宣伝などをさらに強化することも勘案し、通期予想を見直した。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)9時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン