ここから本文です

ダイセキSが急騰し年初来高値に接近、上期および通期の営業利益予想を上方修正

9月19日(木)13時30分配信 モーニングスター

現在値
ダイセキ環 834 +50
 ダイセキ環境ソリューション <1712> が急騰。18日引け後に、20年2月期上期(19年3-8月)および通期の連結営業利益予想を上方修正したことが好感されている様子。株価は前日比62円高の713円まで値を上げ、8月7日に付けた年初来高値719円に接近している。

 20年2月期上期について、予想売上高は従来の70億4900万円から70億3000万円(前年同期比9.9%減)に減額したが、営業利益を3億7200万円から6億4500万円(同8.0%増)に増額。通期も、売上高は147億1200万円から141億5000万円(前期比0.3%減)に減額したが、営業利益を9億円から10億4000万円(前期比15.8%増)に引き上げている。上期は、売上高はほぼ想定線だが、弥富リサイクルセンター・横浜恵比須リサイクルセンターの稼働率の向上と原価低減に努めことで利益率が想定を超過した。一方、第3四半期(9-11月)以降は、一部案件について進行の遅れ等、不確定要因を織り込んでいる。

 午後1時30分時点の株価は51円高の702円。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(木)13時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン